2017年08月21日

縁で道をひらく

私の曾祖父は僧侶でしたが、私は寺院よりは「神社巡り」が好きです。
(ご先祖様、ごめんなさい・・笑)

各地で神社を見つけたら寄ることも多いですし、クライアントの地元にある神社も必ず参拝しています。

私は「御朱印集め」はしていませんが、集めていたら結構なボリュームになっていたでしょうね。

中でも「出雲大社」(いずもおおやしろ)は毎年参詣させていただいております。

私は「ご縁」だけで仕事をしていますから、その「お礼」「ご縁」で結ばれた多くの方々の幸せを祈念することにしているのです。

今時期は、札幌(新千歳)から出雲縁結び空港への直行便があるため行きやすいですよ。


人と人とのつながりというものは、とかく人間の個人的な意志でできたと思いやすいもので、だからまたこのつながりは、自分一人の考えで、いつでも断てるかのように無造作に考えやすい。

だが本当はそうでない。

人と人とのつながりには、実は人間のいわゆる個人的な意志や希望を超えた、1つの深い縁の力が働いているのである。

そうとすれば、お互いにこの世における人と人とのつながりを、もう少し大事にしてみたい。

もう少しありがたく考えたい。

不平や不満で心を暗くする前に、縁のあったことを謙虚に喜びあい、その喜びの心で、誠意と熱意をもって、お互いのつながりをさらに強めてゆきたい。

そこから、暗黒をも光明に変えるぐらいの、力強い働きが生まれてくるであろう。

・・・松下幸之助の「道をひらく」からの引用ですが、私の行動のエネルギーにもなっている言葉です。


solisoli at 07:30│感想とツッコミ(0)clip!ざれごと 

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント