2017年07月31日

たった5文字

人の上に立つ立場ともなると「モチベーション管理」に気を使っていると思います。

簡単なところでは「態度や言葉遣い」ひとつでモチベーションが変化します。

元請けとか所長という立場を勘違いして「偉そうな態度」をとる人もいますが、そのような現場は進捗や利益が良くない傾向にあるようです。

どうせ同じ仕事をするのであれば、モチベーション高く仕事をしてもらえる方が良いのは当たり前ですよね。

さて、ある現場を朝から訪問した時の話・・。

協力会社が「リスクアセスメント」などの報告書を現場事務所に持ってきたのですが、所長さんは「そこに置いておいて」と言っただけでした。

別に悪気なく言っていますし、相手も仕事だから「分かりました」と応じています。

でも、これって朝から「思いっきりモチベーションが下がる」ことかもしれません。

なぜなら・・。


感謝や労りの言葉が無いのです。

ありがとうごくろうさま、という簡単な言葉があるか無いかなのです。

分かっているけれど、朝は忙しく段取りで電話をしていると言えないこともある・・などと理屈を言う人もいるでしょう。

でも、その電話相手に「ちょっと待ってね」と一時外して「ごくろうさま」と声をかけたとしたなら、言われた相手はもっとモチベーションが上がるでしょう。

ありがとう・ごくろうさま、というたった5文字「仕事の向上」に繋がるならば、これほど安いものはないですよね。


この記事へのコメント

1. Posted by ふじ・とし   2017年07月31日 09:30
おはようございます。
挨拶は大事なので欠かさないようにしていますが、電話しているときは会釈程度しかしていませんでした。
確かに電話先に断ってあいさつされると感動しますし、電話先の人も嫌な思いをせず、返って評判が上がると感じます。
今日も良い勉強をさせてもらいました!
2. Posted by nikumaru   2017年07月31日 11:15
■ふじ・としさん
さらにデキる人は+αで「もう一言」つけくわえるのですよ。
それも「ユーモアのある言葉」を付け加えます。

一度お試しあれ。

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント