2017年07月18日

DNAのエッセンス

私は自分が「生きた証」としてDNAを残したいと考えています。

あ、子供ということだけではありませんよ(笑)

例えば、仕事における技術やノウハウ、意思やポリシーというものを含めてですね。

私自身も諸先輩からDNAを引き継いできたわけで、それを繋いでいくことが先輩達への恩返しとも考えています。

もちろん「そのまま」ではなく、自分なりに変化させ、クライアントの若手社員や私が主宰する各勉強会のメンバーに伝えているつもりです。

さて先日、北海道のある会社が協力会社など100名以上が集めて安全大会を行いました。

私も「講師」を務めさせていただき、1時間ばかり「お話し」をさせていただいたのですが、話し終えると聞かれていた一人がツカツカと私のところにやってきました。


背筋を伸ばし、ハキハキした声で、「一度、お会いさせていただいたことがありますが、私は以前”A社”に勤めていました」と挨拶されました。

そして「今は実家で働いています!」と元気よく返事をしてくれました。

A社とは、私が独立して一番最初にお手伝いした会社で、今も変わらずにお付き合いいただいている会社です。

確かに、態度や姿勢、言葉遣いに「その会社のDNA」を感じます(笑)

私が直接「彼」を指導した訳ではありませんが、少なからずエッセンス(真髄)が伝わっている気がします。

このような若者が増えてくれると嬉しいわけです。


solisoli at 08:48│感想とツッコミ(0)clip!ざれごと 

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント