2017年06月16日

適材適所

私の行いたいことは「土木という仕事を楽しくしたい、楽しく仕事できる環境を創りたい」ということなのですが、楽しくなる一つに「成功体験」があります。

そのためクライアントに対しても「事例や答え」ではなく「アイデアやヒント」を伝えるようにしています。

そこに自分たちで工夫して成果を上げることで「楽しく」なりますからね。

私の場合は「無責任」なので(おいっ!)そのようなこともできるわけですが、実際に部下を育てる立場の人は「責任」がありますから簡単ではありませんよね。

さて、先日訪問した会社には正反対ともいえる上司さんがいました。

一人は「手取り足取り」で指導しながら、少し経験を積むと「このようにしたら良いと思うよ」と柔らかい言葉で伝えながらも、絶対にミスを犯さないように途中でクチを出してしまう。

もう一人は「完全放任」で、「好きにやってみろ」と言いながらも、陰でフォローし、それでもミスが発生した場合は「全責任を負う」というタイプ。

そして、この2人はとっても仲が良いのです。
(懇親会で酔っ払っている姿を見る限りでは・・笑)


私の説明が足りないので勘違いしてもらっては困るのですが、どちらも「素晴らしい考え」を持つ「良い上司」です。

極端な手取り足取りではなく、キチンと考えさせることをメインとして指導し、器量も大きいですし、もう一人も放任しながらも、どのような遠い現場でもすぐに駆けつける男気があります。

このような2タイプの上司がいるのならば、指導させる部下を適所に配置すると良いですよね。

独創的で自立心の高い若手社員は「手取り足取り型」よりは「完全放任型」の方が成長が早いでしょう。

逆におとなしいタイプでコミュニケーションが苦手という若手社員は「完全放任型」よりは「手取り足取り型」の方が堅実に仕事を覚えていくと思います。

上司だって人間ですから得意も不得意もあり、性格もさまざまです。

部下の特性を考えて「伸ばすことのできる上司」に配属すると良いですよね。


トラックバックURL

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント