2017年06月05日

手遅れです

経営事項審査などみても優良で、私でも名前を聞いたことがある有名建設会社の社員さんから「メール」をいただきました。

健全な優良企業に勤めていて良いですね
・・と返信したところ

「とんでもない!」
「ウチの会社に愛社精神を持っている社員は一人もいませんよ」
・・との返答が(汗)

どうも、対外的な評価とは違うようです・・。

とは言え、一方的な話を聞くだけでは何とも言えないですよね。

たまたま同じ地区に信頼できる「情報源」(笑)がいたため、その会社の評判を聞いてみました。

最近は受注を減らしているそうで、また、多くの土木系技術職員が、ここ数年で退職しているとのこと。

やはり何か問題がありそうです。


再び、メールをくれた方に詳細を聞いてみました。

現場をこなせる社員が辞め、配置技術者数が減り、仕事の受注が厳しくなっている。
その元凶は経営陣にあり、伝統やネームバリューを守ろうとするばかりに、余計な負担が生じている。
最近になって、会社も気づき、改善なども始めているようですが、手遅れだ・・とのことです。

人間は感情の動物です。

一度、経営陣に不信の念を抱いてしまうと「信頼回復」は簡単ではありません。

従業員から「手遅れ」と言われる前に「やれるべきこと」はあったはずです。
(私に相談とかね・・爆)


トラックバックURL

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント