2017年05月22日

送り迎え

ある建設会社さんは駅直近で迷うことも無いのですが、訪問するときには必ず担当者さんが私の到着時間を予測して駅で出迎えてくれます。

恐縮しながらもこのような心遣い「ありがたい」と思います。

また、必ず社長さんとの対談があるのですが、社長さんも「たまに」当ブログを読んでくれているそうです。
(見てくれていますか〜?・・笑)

ちなみに社長さんは私を「全面的に信頼」してくれているそうで「お金はいくらかかっても良い」とまで言ってくださいます。

でも、そう言われると「いかにお金をかけないか」と考えてしまう「私の性格」をよく分かっているのかもしれません(笑)

また、私が訪問する日は必ず「社員有志での懇親会」を行ってくれます。

自由参加ですが、毎回多くの社員さんが参加してくれるのも嬉しいことです。

さらに嬉しいことは・・。


懇親会に参加してくれた人たちが、私が帰るときに駅の改札口に集まり、電車に乗るギリギリまで私との別れを惜しんでくれるのです。

それも、おもてなしとか心遣いではなく、ごく自然に接してくれます。

中には一緒に電車に乗りこむ人までいて・・・(笑)

何より「信頼されている」ことが伝わり、嬉しくなるのです。


トラックバックURL

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント