2017年05月19日

まだまだ

今週は訪問させてもらいました建設会社さんは、正直なところ「まだまだ」でした。。
(信頼関係ができているからこそハッキリと言います)

親分肌のカリスマ社長が、キビシイながらも手取り足取り面倒見が良いという社風です。

しかし、そこに甘えた社員が勝手に「わがまま」を言う社風でもあり、建設的な意見を出せなくなっています。

何をするにも「忙しい」とか「人が足りない」などと言うだけです。

これは単なる「言い訳」で、どうすれば解決するか考えて工夫することを止めているわけです。

結局、本社サイドが人の手配などの段取りを考え「人が用意できないから我慢して」などと現場にお願いしています。

きっと、このようなやり取りを繰り返してきたのでしょう・・。


問題があるから「できない・やらない」止まるのではなく、問題かあるから解決するためにスタートするのが正しいはずです。

例えば、人が足りないならば生産性を上げる工夫を考えなければなりませんよね。

現場を見ると掃除も整理もされていない状態で、人が足りないから後で1日掛けて掃除をするとのこと。

コンクリートを打設している最中でしたが、やったらやりっぱなしで次のスパンに進んでいます。
(やりっぱなしだから、どんどん汚れていく)

ホッパ待ちの時間もあるのですが、作業員は立って待っているだけ。

もし、その時間に片付けながら作業したならば、人も時間もお金も無駄にならないのですけれどね・・。

まだまだ、やることあるなぁ〜。


トラックバックURL

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント