2017年05月09日

熱意とコダワリ

私がお手伝いしている建設会社さんから、会社の将来を担う「有望株」の若手技術者2名が「現場代理人」としてデビューしたのでサポートしてほしいと依頼がありました。

社内講習などで私の顔を見た程度で、直接コミュニケーションを取ったことがない2名です。

まず橋梁工事を担当する1人目は、仕事に対する「熱意」があります。

いろいろなことにチャレンジしたいという気持ちをビシバシ感じます。

いろいろな現場でサブとして経験していたことを活かした「おもしろい」取り組みができそうです。

工程など悩むところも多いと思いますが、かなり「期待」できる成果が出せそうです。

次に「のり面工事」を担当する若手技術者の現場に行きました。


代理人さんはイケメンで雰囲気は「山P」という感じです。
(本人は否定しましたが・・・笑)

私からのアドバイスはキチンと聞いてくれるのですが、ちょっと「シャイ」なのかコミュニケーション不足を感じました。

すると、私の考えを察した部長さんから「普段は、納得できないことがあれば、私達にも噛みつきます(笑)」と・・。

つまり、若くても自分の仕事に対して「信念やコダワリ」を持っているということです。

もう少しコミュニケーションを増やし、私を信頼してもらえるようになると「おもしろく」なりそうです(笑)

なるほど「有望株」と言われるだけのことはあり、「熱意やコダワリ」のある二人に私もワクワクしてきますね。


トラックバックURL

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント