2017年04月25日

時間ピッタリ

私は工事評価点向上や工事書類作成などについて「セミナー」を行うこともありますが、一般的に行う「セミナー」は、内容が微妙に変わっても「基本的な伝えたいこと」は変わりません。

しかし、契約していただいているクライアントに対して行うセミナーは、毎回「レベルアップ」できるよう「新ネタ」を作成しています。
(クライアントには年1回「無料でセミナー」を行う約束をしているのです)

とは言え、契約時期に差があるため、順を追うカタチにはなるのですけれどね(笑)

何度か話したことのある「ネタ」は時間配分なども分かりますが、「新ネタ」時間配分が分かりません。
(というか、話の進展内容を覚えていないときもある・・爆)

だいたいの時間を想定して作成するのですが、その日の気分や聴講者の雰囲気を見て、ウンチクなども付け加わるため「誤差」が発生するのです。

さて、先日は2時間の社内セミナー「新作」を披露しました。

今回は残業を削減するための効率的な工事書類作成方法を考察する内容です。


ところが、会場内に「時計」が無く、私もパソコンから離れた場所で立って講義をしたため、ページ数や経過時間が分かりません(汗)

途中でウンチクや話が脱線しながらも、何とか「言いたいこと」を主張して席に戻ってパソコンを見ると・・。

なんと2時間の持ち時間を時計を見ずに話をして「1時間59分」と誤差が1分以内でした!!(爆)

最後に社長さんが締めの挨拶をしていましたが、私が満足気な顔だったのは「社長さんからの褒め言葉」にではなく「時間ピッタリ、俺はスゲー」と思っていたからなのは内緒ですよ(笑)


トラックバックURL

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント