2017年04月03日

新入社員

新年度となり「新入社員さん」が入社した建設会社も多いと思います。

先日「社内セミナー」した会社では、3月末でしたがベテラン社員さんに混ざり、2名の新卒社員さんが私の話を聞いてくれました。

だいたい新入社員さんは「前席」に座らせられますね(笑)

とりあえず真剣に聞いてくれていたようですが、仕事への取り組み方なども話はまだしも、工事評価などの話になると、多分「何を言っているか分からない」と思います。

休憩時間中に「私の話の意味はわからないよね」と聞いたところ、自分たちがどのような仕事をするのか「なんとなく」分かった気がすると言ってもらいました。
(気遣いもできるのね・・笑)

そのうち「新入社員研修」なども考えようかな(笑)



そういえば、舗装会社向けの便利商品を展開するアイデアサポートさんと、全国の舗装会社の新入社員を集め、舗装に関する技術や技能を1ケ月くらい集中して研修できるようにしたいと「夢」を語ったこともあります。
(実際、宿泊して研修会ができる設備も用意できますし・・)

実現させたいなぁ〜。

さて、私の社内セミナーに参加した新卒社員さんのうち1名は工業高校の土木科を卒業したということですが、卒業生39名のうち建設会社に就職したのは、ちょうど1/3となる13名だったそうです。

それでも例年に比べて、建設会社に入社する「率」が高いようです。

その13名を管内の建設会社が奪い合うわけですから、1名でも入社してくれたのは良かったでしょう。

今後も会社の持つ技術を継承してもらうためにも「新入社員」を積極的に雇うための「工夫」が必要となりますね。


トラックバックURL

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント