2017年03月22日

工程表

どの建設会社や現場事務所にも必ず、ホワイトボードなどを使った「工程表」があると思います。

私はサポートしている現場で施工計画書などに添付している「工程表」はあまり見ません。

しかし、現場事務所を訪問したときは必ずホワイトボードなどに書かれた「工程表」ジックリ見ます。

人や会社によって様々な「個性」があり、現場に対する「気持ち」「考え方」が伝わるのです。

整然と記入されているのも良いですし、雑に記入されていても「頭の整理」をしていることが分かると嬉しくなります。

また、工程表を見ると仕事の流れだけではなく「長期間」の流れを「俯瞰」することで「インスピレーション」も感じることができます。

私自身も現場で仕事をしていた時は、毎朝「工程表」の書かれたホワイトボードを、ただただ眺めていましたからね。
(ボーッとしていたわけではなく、確認と頭の整理をしていたのですよ・・笑)


そのクセは未だに抜けず、現在も自分の「予定表」を黙って見ていることが多いです。

スマホアプリ
やGoogleやYahooなどのカレンダー管理も便利で良いと思うのですが、私はホワイトボードと手帳じゃなきゃ「頭の整理」ができません(笑)

ちなみに私は2ケ月分の予定をホワイトボードに記載し、手帳には半年から1年のスケジュールや計画・目標を入れて、を見渡せるようにしています。

私のことはともかく、土木工事は天候を含めて不確定なことも多く「工程の見直し」を余儀なくされます。

常に工程を俯瞰して頭を整理することで、段取りだけではなく採算やコストも管理できると思いますよ。


トラックバックURL

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント