2017年03月15日

良い写真

港湾関係の大きな事業で、数年かけて施工し、その間に「優良工事表彰」複数回受賞している現場を訪問しました。

今年が事業の最終年度ということで、発注者からの期待も大きく、現場としてはマンネリ化できないというプレッシャーもあるようです。

少しでも役に立つ情報が無いかと真剣に私の話を聞いてくれました。
(大手ゼネコンでエースと言われるだけのことはあります)

チラリと工事写真を見せてもらうと「絶妙なタイミング」で撮影された写真を見つけました。

私が注視していると「この写真に気づくとはサスガですね」と言われちゃいました(汗)

誰が見ても「良い工事写真」であることは分かると思います。

しかし「何が良いか」と具体的に説明できる人は多くないかもしれません。

ちなみに、良いといっても構図やアングル、配色ということではないですよ。

工事写真は「記録写真」であり、芸術写真とは目的が違いますからね。


撮影タイミングや写真のストーリー性「意識して」工事写真を撮影した経験があると、その1枚の記録の中にどれほどの「情報」が入っているかを感じられるはずです。

今後は電子小黒板の利用で写真管理は楽になりますし、書類の簡素化も進み「写真の提出頻度」も減るかもしれません。

だからこそ「1枚の写真」をどれだけ意識して撮影しているかが「差」になるでしょうね。


トラックバックURL

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント