2017年02月23日

女性が働きやすい環境

今年から本格的に「九州進出」を狙っている私ですが、クライマックスシリーズ時は北海道から福岡に行き難くかったです(笑)

日本シリーズ頃から受け入れていただけるようになり、今ではお土産を「東京銘菓のひよ子」にしない事だけ注意しています。

それにしても今年は1ケ月に1度は福岡に行っている気がします。

け・・決して、な・・中州の女性が気にいった・・というわけじゃないですからねっ!
(シドロモドロ・・)

さて、若い頃はヤンチャしていましたが、今は福岡県内の舗装会社でローラーのオペレーターをしているというシングルマザーと会いました。
(やっぱり福岡の女性が目当て・・汗)

女性が働きやすい建設業を作るためには、なっ・・生の意見を聞かなくてはなりませんから(汗)

その女性は破格の条件で他社から転職のオファーが来ていると話してくれました。

女性技能工の「引き抜き話」は珍しいことではなくなるかもしれませんね。


しかし、その女性はオファーを断るとのことで、さらに「建設業界」からも離れるということでした。

労働時間など、子育てと両立できないことが理由です。

かと言って、自分だけ「特別扱い」もされたくないそうです。

女性が働きやすい環境とは「快適なトイレ」だけじゃないし、労働時間や待遇ということだけでもないかるしれません。

特別扱いされたくないという言葉に背景「深い意味」を感じますね。


トラックバックURL

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント