2017年02月17日

プレゼンスキル

現場技術者にとって重要となるスキルに「プレゼンテーション能力」があります。

苦手という人が多いですし、必要無いという人もいるでしょう。

しかし私が今まで見てきた限りでは「仕事ができる」現場技術者はプレゼン能力に長けていますね。

プレゼン能力
は、物事を筋道立てて組み立て相手に伝えるという能力ですから、安全教育や発注者・協力会社への説明、折衝などに必要です。

品質や利益、安全を向上させるには「苦手」とか「必要ない」とは言えませんよね。

また昔に比べて「発表する機会」も増えてきています。

先日、某所で行われた「現場技術発表会」のビデオを諜報員(笑)が送ってくれました。

発表しているのは、私が「知らない会社」ばかりなのですが、客観的に「A社の取り組みはカイゼンできる部分がある」とか「B社の表現方法は惜しい」など勝手に批評しました(汗)

諜報員さんのヒントになると良いですからね。
(その地区のレベルも分かるし・・・・ニヤリ)


タイミングよくクライアントさんから「プレゼンの練習」ビデオが送られてきました。

プレゼン内容は私もチェックしているので「問題は無い」のですが「話術」が・・・(汗)

話術というのは「言葉」だけではなく「立ち振る舞い」「声の出し方」などイロイロな要素が含まれます。

特に今回の発表内容は「間」が重要な要素になるので、そこだけでも注意してくださいね。

と、偉そうに言い私も「立ち振る舞い」全然ダメなのですけれどね(おいっ)

何時間も話をするので変に繕ってもボロが出ますから・・
(言い訳・・笑)


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by たけちゃんまん   2017年02月19日 08:31
話術が難しいんですよww
でも、頑張ってくれてます!昨年よりは断然いい!

ちなみに、もう一つの方の砂防の工事は、三か月で下部工と上部工を施工してそれを評価して貰い、工程管理が満点で81点頂きました。
ここで、発表会で最優秀でも取れば、表彰は間違いななし。。。
ですが、話術が…と言うか活舌がww
本人も、気づいていて、今読みづらい単語はすべてカットしていますw
現場力があるので、一旦文章を作成したら後はパソコン画面を見ずに、スクリーンと聴衆に訴えかけるのが理想なんですが。。むずいww


ちなみに発表会は23日。その前の日の22日は自分が同じ会場で高校生に、建設業の魅力を語らせて頂きます!そして自分は、アドリブですw
2. Posted by nikumaru   2017年02月19日 18:42
■たけちゃんまかさん
昨年より良いことは分かっているよ。
でも私が手伝う以上は修正やカイゼンを繰り返し「常に上」を目指してもらいます。

表彰なんてちっぽけなことで満足されちゃ困りますよ(笑)

もちろん私も皆に負けないよう、見識を向上させて修正やカイゼンを見つけられるようにしますからね。

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント