2017年02月08日

情報と攻略法

「聞きましたか? 〇〇さんが「8×点」とったそうですよ!」
いや、全然報告ないし・・(笑)

私が主催する勉強会に参加したり、私が近くに遊びに行くとすぐに顔を出してくれる人が「話題」となるくらいの高得点をいただいたらしいです。

ちょうど同じ「地方整備局」に新規のクライアント様ができ、攻略情報を集めていたので「ラッキー」です

そのうち「ヒアリング」に行きますのでよろしくね。

さて、だいたいどこの建設会社も出来形や品質をクリアしています。

そのため、少しでも他社より良い評価を得たいと「工事書類」で差を付けようとする傾向もあります。

まれに発注者OBの助言や過去に指摘されたことを補填し続けて「膨大な書類」を作成している現場もありますが、私は「量より質」だと思います。
(書類作成に余計な時間を費やしたくないですからね)

「質」の良い書類を効率的に作成するには情報と攻略法が無ければなりません。


前回と工事の難易度が同じで、同じ書類を提出したのに評価が下がった・・などという話も聞きます。

私の推測ですが、評価する発注者の担当者も検査をするたびに日々「見る目」が肥えるはずです。

前回と同じであれば「遅れ」をとっているのかもしれません。

良い商売というのは顧客のニーズを徹底的に調査、反映し、顧客が満足する商品やサービスを提供することです。

相手のニーズに合わせて「書類」も日々「進化」させなければなりませんよね。


トラックバックURL

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント