2017年01月18日

若手技術者育成型

私は入札における簡易施工計画書(技術提案)などの添削も行っていますが、多様化する総合評価方式の中で「若手技術者育成」などについての技術提案が増えているように感じます。
(試行工事も多いので・・)

正直なところ、皆さん「試行錯誤」しているようで、提案内容に悩まれているようです。

わりと「ありきたりな内容」を記載する会社もあり、添削というよりは「ヒントも含めた指摘」をすることが多いですね。

かと言って「できないこと」を記載できませんから、建設会社として「若手技術者育成体制」真剣に考えてほしいと思います。

私も「商売」ですから「提案内容」についての具体策やヒントをブログに書くことはできません(笑)

でも、どのような「気持ち」を持って「育成すべきか」ということは書いても良いでしょう。


まず「目標設定」は大事です。

それも自分の能力を見極めさせて見合った目標を設定させるのが良いと思います。

そして目標に対してどのような成果を期待しているかを伝え、使命感を与えられると良いですね。

成果が出たなら、キッチリと認めて褒める「良い結果が出て、自分が役立った」ポジティブな自己評価ができるようになります。

もちろん成果だけではなくプロセスでの努力をよく見て、褒めると良いですね。

これを「若手に甘い」と言う人もいるのですが、そのような人に限って「目標設定」もしていませんし、相手の努力を見ません。

何より、普段の仕事では「グチが多い」人だったりしますね。

どちらにしても、技術提案で目先の仕事を受注することも大事ですが、会社組織を活性化し、社風を含めた技術のDNAを継承させる方が大事ですよね。
(そのための多様化ですからねぇ)


トラックバックURL

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント