2017年01月13日

「止まってください」と「立入禁止」

警察が交通取り締まりなどに「止まれ」と書いた赤い旗を出し、違反車両を停止させます。

道路工事などでも誘導員が同じように「止まれ」と書いた赤い手旗を出す場合がありますが、これは「止まれ」という強制ではなく「止まってください」というお願いになります。

法律的には交通誘導員の誘導に従う必要はないのですが、交通を円滑に進めるために道路使用の条件に合わせて行っている行為です。

民事としてはイロイロとあるのですが、多くの車両が安全で円滑に通行するために行っている行為なので「一般的な常識を持つ社会人」は誘導に従うべきですよね。

さて、道路工事では「止まってください」という「任意のお願い」を行うわけですが、供用している道路以外での工事ではどうでしょうか?

ある公園の工事で発注者及び公園管理者と打ち合わせの上、一般者の立ち入りを禁止しました。


公園の入り口には「立入禁止」と看板を立て、警備員を配置したところ、ある識者から

「公園なのに一般者の進入を禁止するとは人権侵害だ」
「立入禁止ではなく、お願いしなければならないはずだろう」
などと苦情が入ったそうです。

施工者側も「立入をご遠慮願います」と啓発する意識が足りなかったと反省しているのですが、私は釈然としません・・・。

供用している道路で事故が発生した場合は運転者が責任を負うため「お願い」するしかありませんが、公園の場合は公園を管理している者の責任においてルールを決めているわけで、責任者が「立ち入り禁止」としたならば「お願い」をする必要はないと思います。

公園とは何を行っても良いという場ではありませんよね。


「遠慮願います」
という協力のお願いに対し「協力しない」という人がいたら、安全は保証できませんし、進入防止措置を行わなかった管理者の責任となります。

公園管理者がその責任において「命じる」のは当然のことと思います。

まぁ、文章の理解力社会に対する責任や義務について私より詳しいはずであろう識者ですから、私の一方的な認識が正しいかは分かりませんけれどね。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 136番   2017年01月13日 07:52
[私の一方的な認識が正しいかは分かりませんけれどね。]

肉丸さん。素晴らしい論破。
最後のまとめも清々しいです(笑)。
2. Posted by kathu   2017年01月13日 08:59
施設管理権に基づいて行ったことを部外者がとやかく言うのは?ですね。 正当な根拠での苦情はありえますが、どうも権利の主張ばかりが目立ち義務のことはないがしろにされてると思います。今 一般的な常識を持つ社会人が減ってますね。一般常識のレベルが多分 私の一方的な認識と違うのでしょうね。
3. Posted by nikumaru   2017年01月13日 11:26
■136番さん
清々しいですか?(笑)

ちょっとイヤミっぽかったので、相手の職業を「識者」に変更いたしました(汗)
4. Posted by nikumaru   2017年01月13日 11:31
■kathuさん
一般常識のレベルというよりは、何にでもイチャモンを付けたい人がいるのでしょう。

特に「自分にチカラがある」と勘違いしている人は「苦情」というカタチで自己顕示や承認欲求を満そうとするのかもね。

だから私もイヤミっぽく書いたのですけれどね(爆)

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント