2016年12月20日

マンガで学ぶi-con

私の周りにも「i-construction」に取り組む現場がかなり増えてきています。

しかし、自社だけで全てを行うには、まだまだ体制が厳しく、建機メーカーさんやデータ作成業務など、いろいろな方面からの「支援」が必要ですね。

さて、以前当ブログで「安全くんがi-Constructionを説明する冊子を出す」と書いたことがあります。

ちなみに「安全くん」とは西尾レントオールさんが宣伝を兼ねたサービスとして安全資料などを提供しているモノで、私も分かりやすい安全教育資料に使えると推薦しています。

その冊子が完成したということで私に献本してくださいました。

安全くん大まかですが「i-constructionの流れ」が分かりやすくなっていると思います。

今後はNISHIOさんが実施するセミナー等で資料として使うそうです。

ちなみにインターネットでも無料で閲覧できますよ。
http://www.nishio-rent.co.jp/i-construction/comic/



注目したのは表紙と最終ページです。

表紙には「学べるマンガシリーズ と書いています。

ということは第2弾、第3弾もあるということですね。

さらに最終ページで「新3Kの実現もよろしく」と〆ています。

i-construction「新3K」を実現するための「一部分」でしかないことを表していると思います。

では「新3K」を実現するために何をすべきか・・。

これが第2弾、第3弾と続くかもしれないですねぇ。
(と製作サイドにプレッシャーを掛けておきます・・笑)


トラックバックURL

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント