2016年02月18日

情報創造力

魅力ある建設業を構築するため様々な対策が行われていますが、ある試行工事現場を訪問させていただきました。

現場のトイレはもちろんのこと事務所なども「工夫」が一杯で、代理人さんも「仕事がしやすい」と満足のようです。

4月からは女性技術者も入職しますし、更に職場環境の改善が進んでいくと思います。

私は「高校生」などに対する対策を含めた「現場広報」について、いろいろと「提案」させていただきました。

せっかくの「試行」ですから、既存のアイデアだけではなく、新たに「チャレンジ」していただきたいことがあります。

まったくの「別視点」感心と納得はしていただきましたが、どこまで取り入れていただけるかは「今後の話」ですね(笑)


試行工事に限らず、建設現場、建設会社は「広報」下手だと感じています。

というか「自己満足」で終了することが多いと思います。

個人
「情報発信」するのと企業「情報発信」するのは同じレベルではありませんよね。

つまり「組織力」が違うわけですから、分析や戦略を「活用」しなければ「効果」はありません。

特に情報を「想像する力」が重要だと思います。

まだまだそこが「頭が固い」ように感じます。


トラックバックURL

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント