2015年04月07日

釜石港口防波堤1

以前、ギネス世界記録に認定された世界最大の防波堤の話を書いたことがあります。
(コチラhttp://nikumaru.livedoor.biz/archives/51894451.html

1200億円という税金を投じ造られましたが、完成した直後に巨大津波を受け、破壊されてしまいました。

しかし、浸水を6分遅らせ、沿岸部の津波高を4m〜7m低減させました。

結果論になりますが、この防波堤が無ければ、港の燃料タンクが破壊され、町は火の海になり、被害は数段大きくなったかもしれません。

私は、与えられた使命を全うした、この破壊された防波堤がとても愛おしく感じていました。

さて、その防波堤を復旧しているのですが、現場事務所に「私のイラスト」が目立つように貼ってあります。

ということで・・・。



その会社の協力を得て、防波堤復旧工事を見学させていただきました。

施工計画書で「海洋土木」の施工方法などを書いたこともある私ですが、実際に船に乗り、海上の現場を見るのは初めてだったりします。
(陸地から海上土木の仕事を説明うけたことがありますが・・)

何社かが施工しているため、船を乗り継ぎながら現場へ。

安全は確保されていますが、素人の私は荒波の中、船に乗るだけで緊張です(笑)

マリンプレスギネス世界記録に認定された世界最大の防波堤ということですが、海面から出ている部分はさほど大きくありません。

なぜなら、最大水深が60m以上の場所から作られている「世界最大水深の防波堤」ということだからです。

ガット船現在はコンクリート構造物を設置するマウンドの仕上げをしているところです。

ガット船という運搬船が基礎材を搬入し、整地・締固めを行っていました。

驚いたのは・・
(明日へ続く)



トラックバックURL

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント