2012年05月20日

東京散策2日目

先週の日曜日は、東京にて「谷根千」と呼ばれるスポットを中心に散策いたしました。

東京でも数少なくなった昔の下町が残っている谷中・根津・千駄木周辺のことです。

昭和が残っている路地裏の散歩という雰囲気が大好きですね。

まずは、日暮里から谷中霊園を著名人のお墓を探しながらノンビリと散策。

そのまま、喫茶店「カヤバ珈琲」あんみつをいただきます。

カヤバここは1938年創業らしいのですが、その外観とは裏腹に内装は、白壁をプロジェクターを使って「ゆらぎ」を表現するなどモダンでした。
(こういうところが勉強になりますね)

夕焼けの絶景スポットであり、ネコ達の遊び場でもある「夕焼けだんだん」を下って谷中銀座商店街へ。

ゆうやけだんだん実は、ファンでもある某タレントさんが「夕焼けだんだん」を上っているシーンを以前から見ていたので、訪れたいスポットでもありました(笑)

大変にぎわっている商店街ですが、それ相応の理由があり、散策するだけでも楽しい場所でした。

へび道と呼ばれるクネクネした道路を抜け、「ねんねこ家」へ寄り道。

ねんねこ屋ところどころに「細かなネタ」が配置されていて、見るだけでも「おもしろいスポット」ですね。

この近辺では、普通の野良ネコが歩いているだけでも「絵になるところ」なのです。
(住んでいる方は迷惑かもしれませんけどね・・・笑)

鷹匠その後、鷹匠という蕎麦屋さんで昼食(当然、お酒つき・・・笑)をいただき、根津神社へ。

「つつじ祭」が終わった後でしたが、境内には、また「つつじ」が咲いていて、なかなかの景色でしたね。

日本最初の公園といわれる飛鳥山公園で休憩後、西巣鴨の稲荷湯で2万歩以上も歩いた疲れを癒します。

稲荷湯ここは映画「テルマエ・ロマエ」のロケ地にもなった銭湯で、当然ながら雄大な富士山が迎えてくれるお風呂でした。
(ヴェスビオス山ではなく、本栖湖からの富士山でした・・笑)

浴槽は、ルシウスが出てくるのにちょうど良い深めですが、熱い!(笑)
(でも、それが江戸風情で良いのです)

フルーツ牛乳風呂から上がりは当然、フルーツ牛乳ですね。
(稲荷湯の坪庭で撮影)

古き良き、東京の昭和を感じる散策でした。



トラックバックURL

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント