2009年09月15日

施工技術連絡会議

毎週火曜日はアーカイブスというカテゴリにし、「過去に書いた話」「再編集」してエントリーしています。


工事施工前に発注者と設計者(コンサルさん)と施工者が施工技術連絡会議(三者会議)を行うという現場が多くなりました。

三者会議に出席する「ある施工者さん」が、

「文句を言ってやりましょう・・」

と手ぐすねひいて待っているという話を聞きました(笑)

でも、施工業者からすると、トンデモナイ設計ってありますよね。

あ、図面が間違っているとか不備があるという話じゃないですよ(笑)

「絵で描くのは簡単だけど、どうやって施工するのよ!」

っていう話です。

「型枠を組む時に、人が入る隙間が無いじゃないか!」・・・なんて、文句はよく聞きます・・・。

でも、「よくある話」ということは、文句を言いながらでも何とかしてきたということです。

仕事によっては「施工者が設計」することもありますが、施工者が設計する時って悩みますよね。

なぜ悩むかと言うと・・・・



自分達が施工し易いように考えるからです。

頭のどこかに、施工手順や施工能率などを入れて悩みながら書くでしょう。

しかし、「設計者」は、施工のことなんて考えてられないのです。
(現地条件で施工側の作業計画を想定した設計はするでしょうが・・・)

でも、設計者があまり考えないで線を引いても、施工側は、文句を言いながらでも「やり遂げ」ちゃうのです。
(たまに、やり遂げれない場合もありますが・・・笑)

それに完成形は設計図と同じものでも、アプローチの仕方は施工会社や担当者によってマチマチな場合もあります。

そんなことまで考慮して、設計なんかしてられないですよね。

つまり、各自に与えられた仕事を各自が成し遂げるからこそ、能率的に仕事が出来上がるということでしょうか。

でも、その「能率的」「非能率的」にしていたのは、情報の伝達と共有がなされていなかったからです。

設計者も施工者も、そして発注者も「この構造物ができることによって、多くの人に幸せになってほしい」という「目標は同じ」なのです。

「同じ目標」を共有する者同士、もっとコミュニケーションをとっていけば、もっと良いものができますよね。



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 九段   2009年09月15日 08:18
弊社は三者会議を行うレベルの仕事は受注していないのですが、えっ!?と思う図面を見るのは多いです。
しかし、それを難解を解いていくのも仕事が楽しい理由ですね。

ところで火曜日は過去に書いた話を再編集しているお話ですが、数日かけて過去の日記を読みましたが似たようなお話が見つからなかったです(^―^)

2. Posted by nikumaru   2009年09月15日 08:52
■九段さん
見つけ難いと思います(笑)

「再編集」というのがミソでして、基本テーマは同じも文法が全く違ったりします。

例えば本日の元ネタはコチラ
http://nikumaru.livedoor.biz/archives/50596789.html

全然、違う話でしょ・・(爆)
3. Posted by 九段   2009年09月15日 15:23
これは気づかないはずです(^-^)

テーマと一部の文言は同じですが、内容は全く違いますよ!


4. Posted by nikumaru   2009年09月15日 16:57
■九段さん
読者至上主義の私は過去記事をコピペするなんてことは出来無いのです・・・(笑)

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント