2007年04月30日

富良野・美瑛の話

北海道らしい風景として、テレビや雑誌などて富良野・美瑛が紹介されます。

この「富良野・美瑛」ですが、行政としては美瑛・上富良野・中富良野・富良野・南富良野、と旭川市の一部を差していると思います。
地元では、上富良野をカミフ、中富良野をナカフ、富良野をフラノとよんで区分けしています。
(南富良野はナンプ)

「北の国から」というドラマで有名になった富良野には、ラベンダー畑があり、麦畑の丘陵地帯が続いている。
と思われています。

確かに、富良野にはラベンダーも丘陵地帯もあります。

しかし、テレビや写真などで紹介されているラベンダー畑ナカフカミフですし、丘陵地帯は美瑛なのです。

最近は占冠(シムカップ、南富良野などと一体となって観光誘致を行なっているみたいですが、今回は富良野からナカフ・カミフ・美瑛地区という富良野盆地内について書きます。
(ちなみに私は2年間ほど富良野に住んでいたのですが、占冠や南富良野の方に思い入れがあります)

私が富良野にいた頃(25年前)は、ここまでのブームになる前でした。

「北の国から」というドラマの放送は終わっていたのですが、私は見ていませんでした。
なので、せっかく富良野に住んでいても、ドラマのロケ地などに興味はありませんでした。(笑)

さて、そんな富良野・麓郷地区(近辺)のお奨めの場所は、当然ドラマ関連ではありません。

私のお奨めは「原始が原」という湿原です。

トレッキングコースになっていて、、今では多くの人が訪れているらしいですが、私が住んでいた時は「原始」の名前に相応しい場所でした。

ちなみに「北の国から」というドラマで、子供達がUFOを見たという場所が「この辺」です。
(ドラマを見ていないので詳しくない・・・笑)

ただし、人が多く出入りしていても「熊」が出る危険もあるので、それ相応の装備は必要かもしれません。

現に私が、この近辺で林道の工事をしていたとき・・・。



地元の作業員のおじさんと2人で測量をしていました。

測量を始めて数日・・。

車など1台も通りません・・。
それくらいヘンピな所です・・・。(林道なので当然か・・・)
本当に「熊」が出てきても不思議じゃありません・・。

さて、道路の真ん中にトランシットを据付て測量していました。

覗いていたレンズの中で、作業員のおじさんが、私の後ろを指差して、何か叫んでいます。

「ん?・・何?」  私が顔を上げると、

「く・・ま!! くーまだぁ〜!!」

と、大きく手を横に振り、私に逃げろと合図しています・・・。

「えっ!」

恐怖に慄き、私が振り向くと、そこには

 

 

一台の「くるま」が・・・。

あっ、狭い道路の真ん中にトランシットを立てて・・お邪魔でしたね・・。

・・というか、おじさんナマッてるよ!!



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 温泉マン   2007年04月30日 17:53
私も28年前宗谷支庁発注の現場で舗装工事を担当した事がありますが、車より牛の通行が多かった事を覚えています。

昼休みになると近所の酪農家の方が一升瓶に牛乳を持って来てくれました。

あの味は一生忘れません。

当然現場を終了し帰りに酪農家さんの玄関先を舗装して帰って来ました。もちろん無料で。

昔が懐かしいです。
2. Posted by nikumaru   2007年04月30日 18:43
■温泉マンさん
携帯電話の無かった時代でした。
会社に連絡を取りたくても、田舎で公衆電話なんてありません。
でも、どこの家もカギなど掛けていなく、勝手に入って電話を使って10円玉を置いていったものです・・・。
(どこの家も玄関に電話があった・・)
今なら大変ですよね。

昼休みも、その家の納屋に入り弁当を食べていると、気づいたその家の奥さんが「お茶」を持ってきてくれました・・。

「道路が良くなるのはありがたい」

その奥さんの言葉に、昼からも「はりきって」仕事をしたのを覚えています。

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント