■ひとこと■
現場に役立つ・・・かもしれない(笑)
メールマガジンを建設関係者限定で配信しています。
ブログとはまた一味違う内容ですよ。
配信希望の方はメールにて「ご連絡」を。

2017年02月22日

素直?

朝礼が終わるであろう8時30分に現場事務所を訪問し、宿泊先に戻ったのは翌日のAM1時・・(汗)

私から「刺激」が欲しいと思っているようでしたので「少々キツメ」ディスカッション・・・という名の「説教」をしていました(爆)

本人は「褒められて伸びるタイプ」と言っていますが、年齢からのポジション、後輩などとの関係性を考えると悠長なことはできません。

最後は私の宿泊するホテル前の歩道で話し込み、ある「約束事」を交わすことができました。

朝から「ディスカッション」を何時間も行い、アドレナリン全快の私は、その日に届いたメールに返信し、眠りにつこうとしたのですが寝付けず、そのまま「朝」になってしまいました(笑)

プライベートでは「興奮すること」はあっても、「仕事」でここまで「興奮」することは少ないです。
(どんなプライベートだ・・笑)

素直じゃない性格なので苦労しましたが、それだけ「期待」しているということです。

「約束事」をキッチリと実施してくださいね。
続きはココから!

2017年02月21日

働く環境の改善

今、建設業界で一番求められているモノは何ですか?
と質問されたら、私は間違いなく「働く環境の改善」と答えるでしょう。

i-conにしても「働く環境」を改善するための「効率化」ツールにすぎません。

私もいかに「労働環境」を良くしていくかを考え、「残業を減らす方法」「給料を上げる方法」などセミナーネタを作り始めました。

例えば、一般企業と土木建設業は「残業」ひとつとっても環境も違えば、意味も違いますからね。

ノー残業デーなど作っても「自分のクビ」を絞めるだけですから、別の目線で考える必要があるでしょう。

ちなみに「労働環境の改善」などについての講演はCPDSの認定はされませんので、クライアント向けの講習で行っても一般の講習会で行うことは無いと思います。
(私が悪いんじゃないよ・・技士会が・・笑)
続きはココから!

2017年02月20日

状況が良くない

読者さんから「会社の状況が良くない」というメールをいただきました。

何でも「仕事が無い」そうで、毎日会社の片づけをしているとのこと・・。

専務さんは「何か仕事を見つけないとまずい」と言うだけで行動していない。

社長さんは「仕事が無いのはウチだけじゃない」と自己弁護しているだけ。

社長は明確なビジョンや経営理念を示さないので、会社がまとまっていない。
などと書かれています。

最後は「前を向いて頑張ります」とシメているのですが、グチっている以上「強がり」でしかありませんね(笑)

実は私も過去に「経営者がビジョンを示さない」と不満をクチにしたことがあります。
続きはココから!

2017年02月17日

プレゼンスキル

現場技術者にとって重要となるスキルに「プレゼンテーション能力」があります。

苦手という人が多いですし、必要無いという人もいるでしょう。

しかし私が今まで見てきた限りでは「仕事ができる」現場技術者はプレゼン能力に長けていますね。

プレゼン能力
は、物事を筋道立てて組み立て相手に伝えるという能力ですから、安全教育や発注者・協力会社への説明、折衝などに必要です。

品質や利益、安全を向上させるには「苦手」とか「必要ない」とは言えませんよね。

また昔に比べて「発表する機会」も増えてきています。

先日、某所で行われた「現場技術発表会」のビデオを諜報員(笑)が送ってくれました。

発表しているのは、私が「知らない会社」ばかりなのですが、客観的に「A社の取り組みはカイゼンできる部分がある」とか「B社の表現方法は惜しい」など勝手に批評しました(汗)

諜報員さんのヒントになると良いですからね。
(その地区のレベルも分かるし・・・・ニヤリ)
続きはココから!

2017年02月16日

仕事などについて語っていた同級生とのlineが、最近は「体調管理」の話題になっている気がします。
(みんな、歳とったなぁ・・笑)

とは言え、どこの歯医者の歯科衛生士さんがキレイなどという内容もありますけれどね。

・・こんなこと書くと「勘の鋭い」家内に叱られますね(汗)

さて、ちょっとした違和感を感じて病院に行ってきました。

「何となく■■(病名)気がします」
と言うと「そんなに神経がある場所じゃないので自分じゃ気が付かないよ」と先生に言われました。

一応診てみようか・・・あ、見つけた・・(笑)

「あなた、勘がスゴイね〜」と褒められました。
(勘なのかな〜・・・笑)

とりあえず、近々「簡単な手術」をすることになりました。
続きはココから!

2017年02月15日

発破

相手に刺激を与えて活気づけようとすることを「檄(げき)を飛ばす」などと言いますが、それは間違いだそうですね。

本来は「同意を求める」という意味とのことです。

私は土木屋なので相手を活気づけるという表現は「発破をかける」の方がシックリくるかな(笑)

どちらにしても最近は「檄」「発破」など「熱い激励」は嫌われる傾向にあるようですから、注意しなければ・・。

さて、ここ数日「発破をかける」ことが多くなりました(おいっ!)

例えば、新年度の受注に向けた「技術提案書」を見て、"お客様"に対して「ホントに勝つ気があるの!」などと言ってしまっています(汗)

もちろん受注してほしいからですし、「もっと良い提案ができる」という確信があるから発破を掛けるのですけれどね。
続きはココから!

2017年02月14日

老婆心

90歳を超えた恩師から私が小学生の時に書いた作文などが送られてきました。

自分が受け持った生徒の想い出として「宝物」としていたようですが、年齢を考えて「形見分けのつもり」らしいです。

先日もお見舞いに行ったとき、私の食事を用意するなど何かと余計なお世話を焼いてくれます。

必要以上の世話焼きや親切心などを「老婆心」と言いますが、まだまだ老婆と呼べないほど外見も若く、長生きしてほしいです。

さて先日、この方SKYPEで情報交換をしていました。

と言ってもサッカーの話題がほとんどなのですが(笑)

二人が「気にしている会社」がありその話題にもなったのですが、話を終えた直後、タイミング良く「その会社」の担当者からメールが届きました。
続きはココから!

2017年02月13日

パワポのコツ

人前で話すことができる人は羨ましい・・と言われましたが、つい数年前までは「人前で話す」などと考えたこともなかった私です。

今から10年前、土木技術者自身が自分(僕)を見つめなおし、仕事について大学生などに語るという「Do?Boku」というイベントを企画しました。

現在の「私の原点」ですね。

それまでも「パワーポイント」を使ったプレゼンテーションを業務の中で行っていましたが、不特定多数の前で話すのは初めて。

大学生は「プレゼン慣れ」していますから、大の大人が失敗するわけにはいきません!!

恥をかかないようにと、親しかった大学教授が「プレゼンのコツ」を伝授してくれました。

特にパワーポイントでのコツが多く、タイトルや見出し、文字や色などについて効果的な手法を教えていただきましたが、「アニメーションの使い過ぎ」は何度も指摘されました・・。

さて、時は流れて・・・。
続きはココから!

2017年02月10日

ホワイトな建設会社

昨日のブログコメント欄「ホワイトな建設会社を紹介する」と書いたところ、複数のお問い合わせをいただきました(汗)

このようなことで「反応」があるのは怖いですね。

「コメント」をくれた方の内情をよく知っているため(かなりブラックww)、それと比較して「ホワイト」という意味です。

ホワイトの基準は人によって違うと思っています。

私にコンタクトを取ってくれる経営者さんは「従業員の働きやすさ」を第一に考えてくれている方が多いです。
(成績だけ上げたいという会社とは取引しない主義ですし・・)

それでも従業員さんは多少の「不満」を持っていますから、完璧「ホワイト」はあり得ないと思いますね。

建設業は、受注も不安定ですし、質よりも「価格」での競争という傾向があるため「コスト削減」も求められます。

そのため、どうしても従業員に負担が掛かってくるのです。

では、そのような「悪条件」の中でも、私が「ホワイト」と思う建設会社の特徴は・・。
続きはココから!

2017年02月09日

人間だものミスはする

日本の鉄道は世界で一番安全と言われています。

確かに「指差し呼称」など安全に対する意識は徹底されていると思います。

otaruさて、昨日は「夜の小樽」を家内と散策しました。

お酒も飲む予定でしたから電車で行ったのですが、その帰り道の事。

途中で電車が緊急停止!!

オーバーランというか駅を一つ飛ばしてしまったようです・・・。

その後の電車の乗り心地は運転手さんの動揺が伝わる感じでした(笑)
続きはココから!

スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント