■ひとこと■
現場に役立つ・・・かもしれない(笑)
メールマガジンを建設関係者限定で配信しています。
ブログとはまた一味違う内容ですよ。
配信希望の方はメールにて「ご連絡」を。

2020年01月22日

ドラム缶コーヒー

昨年の今時期、サントリーの缶コーヒー「ボス」が地域限定ながら札幌の除雪担当者にスポットを当てたCMを作成したという記事を書きました。

寒い時期の仕事は「暖かいもの」を飲みたいですから、建設現場は「缶コーヒー」の需要が高いですよね。

さて、今度はダイドードリンコさん缶コーヒーで建設現場を支援するというプロジェクトを行うそうです。

建設現場に缶コーヒーを差し入れるというものですが、その缶コーヒーが「ドラム缶」とのこと(笑)

ドラム缶日産自動車とアプリ制作の助太刀の3社の取り組みで、日産「キャラバン」で24時間対応、1現場当たり最大250本のドラム缶コーヒーを差し入れしてくれるそうです。。

関東1都6県の現場(茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)の限定となりますが、暖かい「差し入れ」は嬉しいですよね。

応募してみる価値はありそうですよ。


2020年01月21日

5年前のネタ

最近はブログに書けるような「おもしろいネタ」が少ないです。

いや、かなり「おもしろそうなこと」煽っているのですが、進行形の事柄はブログに書けないのです。

ほとぼりが冷めたころにはネタにできるかな〜。
(5年後くらい?)

さて、年末にデータバックアップ用のクラウドも「大掃除」したのですが、5年から10年前に作成した「ネタの下書き」が大量にありました(汗)

ブログネタだけではなく、IT活用や利益・効率化などの「セミナーの原案」もありました。

元々「ボツ」になったネタですが、そのほとんどが今は「一般的に言われること」であり、使えないですね。
(初心者向けには使えるかな)

さらに、工程管理や原価管理などの「独自理論」尖ったこと書いてますし・・。

わかることは、ここ5年で建設業界は大きく変化したということ。

しかし、意識や行動は「変化していない」ところも多いのかもしれませんね。


2020年01月20日

突然の指名

ある工事現場で労災事故が発生し、その発注官庁が受注会社全て「招集」をかけ注意事項を伝達しました。

その中で、発注者の方が何社かの現場代理人さんを指さして「安全とは何か説明してください!」などの質問をしたそうです。

普段であれば「答えられる」ことなのですが、突然当てられ、それも多くの人がいる前となると即座に答えられないものです。

つい言葉に詰まってしまったそうで、後で思い出すと「悔しい」し、きっと発注者にも悪い印象を与えただろう・・というメールをいただきました。

まず「個人的な意見」として、発注者側が「是正対策」などに反映するために意見を集めようと質問するのなら良いですが「安全とは何か」などの「相手を試す」ような質問をするのはよろしくないと感じます。

さて、人前で話をするには「経験を踏む」ことが近道だと思いますが、そこそこの経験がある私も突然意見を求められると答えられないでしょう。

それは「話す準備」ができていないためです。

きっと私は「言葉を濁し」ながら話し始めて、その間に頭の中で「話す準備」をするでしょうね。

そのため「支離滅裂で的外れな答え」になってしまうこともあります(笑)

3番目くらいに当てられた人は「頭の中で言葉を整理」できますが、1番最初に当てられたなら答えられなくて当然だと思います。

気にすることはありません。

ただ、今回のような「相手を試す」質問ではなく「あなたはどう思っているか聞きたい」という質問であれば、言葉に詰まってでも何かしら「意見」は言いましょう。

正解は無いのですから的外れもでもOKですが、無意見は相手の期待を裏切りますからね。


2020年01月17日

体調不調自慢

2015年に「左目に違和感」を感じ、病院に行ったところ網膜に異常があり、このままでは失明すると言われ即座に目の手術を行いました。

その2年後、今度は「右目」に同じ症状が出て、またもや目の手術をしました。

そして、また「左目が同じ症状」となり病院へ・・。

検査結果は「異状なし」でしたが、違和感は変わりません。

微妙にモニターなどが見えにくく、仕事にストレスを感じます。
(適度に休憩しながら仕事しています)

少し様子を見て「神経系」なども調べてみようと思いますが、多分「加齢によるもの」なのかもしれません(汗)

若いころは病気も関係なかったですし、気にもしませんでした。

お年寄りが「体調不調自慢や病気自慢」をしていることを見ていて不快な気持ちになったものです。

そのような私も「体調不調自慢」をするようになってしまいました(笑)

今だからわかります。
お年寄りの「病気自慢」暖かい目で見ましょうね。



2020年01月16日

初心に戻り

お正月明けからクライアントさんに向けた社内セミナー用「ネタづくり」に勤しむ予定でしたが「テーマ」から全く浮かばない状態でした(汗)

メールマガジンなどで「テーマ募集」も行い、いくつかのアイデアはいただきましたが、その内容は「CPDSの認定」には厳しいものでした。

技術者のニーズと「認定」に差があることが分かった感じですが、長いものには巻かれないとね(笑)

10日間悩んだあげく「初心に戻り工事成績評定を読み取る」というテーマにいたしました。

私は「考査項目別運用表」はあくまでも基本で、誰もが取り組むのだから、重視するものは別にあるという考えです。

そのためクライアントさん向けの初期セミナーで簡単に2時間で説明する程度でした。

しかし「書類の簡素化」など、対応すべきことも変化してきたため、今回改めて「ネタ」とすることに。

若手技術者も台頭してきたので、少しわかりやすい内容で考えることにします。

テーマが決まり中身もイメージで来ているので、自分で立てたスケジュールの「ノルマ」は果たせそうですわ。


2020年01月15日

タイミング

ある建設会社を訪問し「会社をよくするため」に今後「行ってほしいこと」をお願いしておりました。

私はイメージをお伝え出来ますが「取り組み」自分達で考えていただかなければなりません。

それは、強制すると「やらされ感」になってしまうからです。

しかし、自主に任せても「変化を恐れるネガティブな人」がいると前に進みません。

社内全部が一丸となる必要があるわけですが、意味は理解していただけたようですが「ではやってみよう!」と声を上げる人はいません・・。

一先ず休憩をとり、メールを確認したところ「同じ話」をしたことがある建設会社からメールが届いていました。

「先日の話を聞き、自分たちはこのように取り組みたいと思います!」と具体的な内容を報告してくれました。

なんとベストタイミング

早速、そのメールをキャプチャしスクリーンに投影
「同じ話を聞いた他社はすでに動き始めましたよ!」とお伝えしました。

私の仕事はココで終わり、後は「伝えたことを実行」してくれることを願うだけですが、皆さんの「目の色」が変わったことは確認できました。


2020年01月14日

ご来光

まだ「正月ボケ」が抜けきらないまま「3連休」を過ごした私です・・。

生産性の無いまま「ボャ〜〜ッ」と3日が過ぎました(汗)

正月ボケと言えば、お手伝いさせていただいている法面工事現場の担当者から「現場からのご来光」という写真をいただきました。

現場近くの神社に初詣に行き、そのまま現場に寄って「初日の出」を待ったそうです(家族同伴で・・)

正月早々、どれだけ現場が好きなんだ!・・とツッコミを入れておきましたが、昨日「別の会社の現場」からも「ご来光」の写真が届きました(爆)

ご来光こちらは橋脚補修の現場なのですが、近所の人達も橋の上から「ご来光」を拝んでいるようでした。

元日の早朝から「現場巡回」をしているとは「ボャ〜〜ッ」と過ごしていた私は恥ずかしいですね(笑)

ホント皆さん、仕事好き・土木好き・現場好きですよね。


2020年01月10日

今年も受賞

昨年の1月10日に「新年早々、表彰の受賞報告が届いた」という内容の記事を書きました。

そして昨日「今年も受賞できました!」という報告がクライアントさんから届きました。

「連続受賞」実力の証明になります!

正直なところ、今年は「受賞は厳しい」と思っていたので「驚き」です(おいっ!)

コンクリートの打設や養生に工夫し「こだわり」もあるのですが、どちらかというと「地味」(笑)アピールが難しいものでした。

さらに「不可抗力」マイナス要素があり、現場担当者は工程調整に「かなり苦労」したのですが「苦労のアピール」難しい内容でもありました。

しかし、現場担当者は問題点が大きいほど「腕の魅せ所」なので「燃える」というタイプで、最終的に「熱い思い」が伝わって「逆転勝利」できたと思います。

問題を乗り越え「品質の高い構造物」を構築することが出来ると「喜び」になります。

そして、その苦労が認められ、褒めてもらえると「ヤリガイ」になります。

これは普段の仕事でも同じですよね。
(さぁ、3年連続を目指しましょう!)


2020年01月09日

初仕事

昨日は「初仕事」となるクライアントさんでの「社内セミナー」を行いました。

この会社とは昨年から「ある取り組み」を行っているのですが、それが一般新聞紙に掲載されることになりました。

社員のモチベーションを高めるための取り組みで、私の皮算用では「昨日」の紙面に掲載される予定でした。

そこで「エンゲージメント」裏テーマにした内容でお話しさせてもらったのですが、新聞掲載は「今日以降」のようで「空振り」してしまいました(笑)

それでも「タイムリー」な内容だったようで、皆さんが満足されたようで良かったです。

契約期間やコミュニケーションの回数にもよるのですが、私はクライアントさんに対して「同じ話」をしています。

基本的にはエンゲージメントが向上することを目的とした内容なのですが、私の助言を「実行する」「しない」かは私の判断ではありません。

ただ「実行」した会社は成果が出ていることは、実際に「見て」いただいたので気づいたはずです。

あとは、皆さんの判断、皆さんの行動で「人が集まる働きやすい楽しい会社」にすることができると思いますよ。


2020年01月08日

スケジュール管理

仕事の合間に「今年のスケジュール」を考えていますが、ありがたいことに「調整に悩んで」います。

なるべく皆さんの「要望」に合わせて「全体最適」になるように調整していますが、その「全体最適」にしてもお客さん側にとっては「私の勝手」なのです。

さらに飛行機運賃などの移動費用もお客様の負担になるため「なるべく早め」に決めたいですし・・・。

実のところ私はスケジュール管理は得意な方で、ブロックを積み上げるイメージの「遊び感覚」でスケジュールを組んでいきます。

周囲を見ると私に限らず土木技術者さんはスケジュールを組むことが得意ですよね。

工程管理や人員や機械・機材の配置など普段から行っていますから、頭の中で「相関図」ができ、優先すべき事項を明確にしていると思います。

すると、先を読むことができるので、突然のイレギュラー発生でもリスクヘッジできたりします。

そういえば、知り合いの優秀な土木技術者さん「旅行の行程」15分単位で組む人でした。

でも、イレギュラー発生時にパニックになっていたなぁ〜(笑)


スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント