■ひとこと■
現場に役立つ・・・かもしれない(笑)
メールマガジンを建設関係者限定で配信しています。
ブログとはまた一味違う内容ですよ。
配信希望の方はメールにて「ご連絡」を。

2017年06月23日

日勝峠の熊

北海道で「大きな熊」と言えば、白老のドライブインの熊三毛別の羆事件復元跡地の熊、そして日勝峠のドライブインの熊だと勝手に思っています。

あ、本物の熊ではなく「オブジェ」としての「熊」のことですよ(笑)

夜中に日勝峠を走っていて、日勝峠のドライブインの熊がヘッドライトに浮かび上がるとドキッとしましたね。

しかし、高速道路の開通で私は日勝峠を通行することが無くなり、しばらく見ることはありませんでした。

その「日勝峠」ですが、昨年の台風10号の被害により未だに「通行止」になっています。

全国の人にはジャガイモなど農作物の被害は知られていますが、日勝峠などの道路被災状況はあまり報道されていないようで知る人は少ないように感じています。
(写真は帯広開発建設部より)
s-ctll1r0000001v9es-ctll1r0000001v6o






今秋に開通予定と言われていますが、復旧工事に対応している人たちも疲弊していると思い、応援に行ってきました。
続きはココから!

2017年06月22日

デビュー戦で80点

昨日は他業種からの転職で初めて「現場代理人」を務める人の話をしましたが、本日は生え抜きで初めて国交省発注工事「現場代理人」を務めた人の話です。

まだ20代の若さで、担当したのは工期と近隣調整などに問題がある現場でした。

私も何度か現場を訪れ「アドバイス」はさせていただきましたが、なかなか気持ちに「余裕」は生まれませんでした。

現場が完了し「工事評価点」もいただき、何とか「80点」を超えはしましたが、まだ「やれることはあった」と感じています。

今後の成長のためにも、工事評価点を自己分析し「レポート」を纏めて「私に報告」するようお願いしました。

そのレポートが届いたのですが・・。
続きはココから!

2017年06月21日

胃腸薬

人材不足の建設業界ですが、ある会社は他業種からの中途採用も受け付けています。

地域でも高い報酬ということもあり、やりがいなどの魅力を感じて入社する人もいます。

私が見ても「風通しの良い会社」なので働きやすいと思いますね。

しかし、報酬をいただく以上「プロ」ですから、キビシイことも行わなければなりません。

その会社に他業界から中途採用で入社し、初めて「現場代理人」を務めるという人がいるということで、現場を見に行きました。

ベテランの配置技術者とタッグを組んでの仕事ですが、悩みはあるようです・・・。
続きはココから!

2017年06月20日

手取り足取り

先週「適材適所」というタイトルで書いた記事について、いくつかのメールをいただきました。

人材育成に悩んでいる方が多いのでしょうね。

ほとんどが、自分の「指導方法」「部下のタイプ」に合っていなかったかもしれないという「反省」でした。

それはそれで良いのですが、そう簡単に「方針転換」されても相手も困るかもしけません(笑)

また私も「極端な事例」を書いているだけで、言葉は足りませんからね。

例えば、おとなしいタイプの部下なので「手取り足取り」に指導を変換します・・というのも極端です。
(私も適当なことを書いたと不安になります・・笑)

おとなしいタイプの部下に「工事写真撮影」手取り足取り指導すると仮定すると・・。
続きはココから!

2017年06月19日

アンゼン100%

見通しが悪い道路で片側交互通行などを行う場合、工事区間の手前に「徐行」「減速」などと書かれた旗を旗を持って徐行を啓発する交通誘導員を配置することがあります。

ロボットや電光表示という方法もあるのですが、やはり「人間が行う」と、工事を行っている臨場感が伝わると思います。

しかし、通行する車両が必ず徐行してくれるとは限りません。

工事を行っていることを伝えるために「遠くから見やすい」ように動きやタイミングも大事となります。

また、笛をピッピッと吹くなどして「音での啓発」も行っていると思います。

これは、結構大変な仕事でして、腕や足そして肺活量など酷使していることでしょう。

もっと、簡単に「目立つ方法」が無いかと考えました!
続きはココから!

2017年06月16日

適材適所

私の行いたいことは「土木という仕事を楽しくしたい、楽しく仕事できる環境を創りたい」ということなのですが、楽しくなる一つに「成功体験」があります。

そのためクライアントに対しても「事例や答え」ではなく「アイデアやヒント」を伝えるようにしています。

そこに自分たちで工夫して成果を上げることで「楽しく」なりますからね。

私の場合は「無責任」なので(おいっ!)そのようなこともできるわけですが、実際に部下を育てる立場の人は「責任」がありますから簡単ではありませんよね。

さて、先日訪問した会社には正反対ともいえる上司さんがいました。

一人は「手取り足取り」で指導しながら、少し経験を積むと「このようにしたら良いと思うよ」と柔らかい言葉で伝えながらも、絶対にミスを犯さないように途中でクチを出してしまう。

もう一人は「完全放任」で、「好きにやってみろ」と言いながらも、陰でフォローし、それでもミスが発生した場合は「全責任を負う」というタイプ。

そして、この2人はとっても仲が良いのです。
(懇親会で酔っ払っている姿を見る限りでは・・笑)
続きはココから!

2017年06月14日

怪しい人

仕事柄、通りすがりに工事現場があると、つい見てしまいます。

施工している状況や交通規制状況を見ると、現場管理の良し悪しは感じます。

また「現場事務所」を遠目に見て、ユニットハウスのレイアウトや安全掲示板から、どのような現場運営をするか想像しますね。
(だいたい想像は当たる・・笑)

現場事務所は担当者の「自由な城」でもありますから工夫やコダワリを感じることができるわけです。

さて先日、現場事務所が集中している場所を通りがかりました。

いくつか見て回っていると、ふと、気になる「掲示板」を見つけました。

車を停めて、近くまで歩いて見に行くことに・・・。
続きはココから!

2017年06月13日

集大成

私の「集大成」とも言える現場が完成しました。

と言っても、私が現場を行ったわけではありませんよ(笑)

数年かけて「私の考え」理解してもらった人が担当した現場で、私にとっても「集大成」ですが、彼にとっても「集大成」という現場です。

例えば「休日の確保」という点では、週休2日以上、月20日出勤を成し遂げながら、隣接する他工区より1ケ月以上早く現場を完了させました。

もちろん、出来栄えにしても、社会への貢献にしても現場全員の「モチベーションの高さ」が表れています。
(現れるようにしているわけですが・・笑)

当然、発注者にも伝わっていますから「高評価」はいただけると確信しています。
(隣接工事が終わらないので「検査」待ちの状態です)
続きはココから!

2017年06月12日

デートなう?

時間を見て現場を巡っているのですが、多くの現場で今年は「新入社員」さんが配置されているように感じます。
(あくまでも私の行動範囲でのことです)

ここはコミュニケーションが大事という理由で、学生時代の部活や彼女の有無など「個人的なこと」も聞いてしまいます(笑)

今年の傾向としては「運動系の部活」をやっていたという人が多く、また負けず嫌いという人が多いようです。

さて、先日訪れた現場事務所にも、今年入った新人君が配属されていました。

高校生活では「剣道部の主将」をやっていたとのことで、確かに座っているときの「姿勢」も良いです。

何を聞いても「はいっ!」元気よく返事をしてくれるのも、おじさんは「気持ち良い」です(笑)

このような子は可愛がりたいですね。

では「彼女はいるの?」と聞くと・・。
続きはココから!

2017年06月09日

12年目に突入

当ブログを始めて丸11年が過ぎ、今日から12年目となりました!

もともと備忘録として始めたわけですが、自分の稚拙な文章を読み直すこともせず、途中からは「更新の義務感」に悩む時もありました。

しかし「ネタ集め」という観点から「客観的視点」を普段から持つようになり、それは自分の生活にも役立つようになりました。

また「誰かに読んでもらう」ことを意識して書くようになり、それは業務における「文章添削」などにも活かされている気がします。

毎日読んでくれる「ヘビーな読者さん」もいますが、初めてあった人の中でも「何かのきっかけで見たことがある」という人もいて、驚いてもらうことが快感にもなっています(笑)

当初は「備忘録」として、途中から「情報提供」も含めて、そして最近は「自分の人間性」を出すようにしています。

例えば「少々イヤミっぽく」書くこともあります。
(普段の私の性格を知っている人なら理解できるはず・・爆)

人間ですから良い部分も悪い部分もあり、それを知ってもらって、より「親近感」を感じていただけたらと思っています。
続きはココから!

スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント