道路工事中につきご協力を

北海道 札幌 土木 建設 道路工事 工事中 無料 イラスト ダウンロード 安全 創意工夫 総合評価 イメージアップ 自己研さん 

読者さんからお見舞いの言葉をいただいたのですが、コチラの記事を勘違いされたようです

私は、今のところはコロナに感染しておりませんが(無症状で気がつかなかった可能性もある)、友人など身近な人の感染も増えてきました。

そのため、今までは「感染しない」ための対策を行っていましたが、最近はそれに加えて「感染する」ことを想定した対策も行うようになりました。

例えば、近々1時間半ほど話をすることがあるのですが、最近の傾向として「喉の痛み」が強いと聞きます。

もし感染したら喉の痛みで話ができなくなる可能性もあり、万一に備えて、事前に「1時間半分の音声」を録音して保存しました。
(連続して話をしたので、かえって喉が痛くなりました・・笑)

また、各都道府県によって対応が変わるため、出張先で症状が出た場合を想定したシミュレーションもしていて、連絡先なども抑えています。

これだけ蔓延しているわけですから、気負わず、ポジティブに生活していきたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

入社2年目ですが、私とフランクに話ができる度胸を持つ「O君」はガタイもデカいスポーツマンです。

全国を目指してスポーツに取り組んでいたため、向上心と努力と根性は秀でていて「有言実行」というタイプです。

今は現場のサブという立場ですが、現場所長に「表彰取りましょう!」とハッパをかけるほどです

先日も私を交えた懇親会で、会社の部長さんが「どのような技術者を目指すか」という質問をO君にしました。

その返答が「圧倒的に勝利できる技術者になりたい」ということで、私もアングリしてしまいました

別に「脳みそも筋肉」な発言ではなく、地区で一番の技術者から県で一番、地方整備局管内で一番とステップアップしていきたいようです。

それを聞いた部長さんも「よし!地整で一番の会社を目指そう!」と盛り上がってしましました。

周りの人に対するモチベーションUP術もチームスポーツをやっていた賜物ですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

毎年「勤労感謝の日」の前日のブログは同じネタでして「勤労できることに感謝」という内容になっています。(ワンパターンなヤツ・・)

勤労感謝それでも今年は、社会で支え合っていることに「お互いに感謝」したいと思い、ブログのタイトルバックを「様々な職業の人」にしてみました。
(顔は全部私ですが・・笑)

私個人の話ですが、感謝の言葉良いタイミングで言えないことが多いです。

例えば、親しい人には「ありがとう」は言えたとしても「これが嬉しかった」と具体的に示すことが照れくさかったりします。

さらに親しさに関係なく、コロナウイルスが流行してからは「言葉」で伝えるのではなく「会釈」で伝えることが増えました。
(特に飲食店での接客に対しては会釈で返すしかしないですね)

でも、コロナウイルスのリスクの中でも働いてくれている多くの人たちに「感謝」したいですよね。

それと、私のために働いてくれている妻にも感謝です。

照れくさいので言葉にはしませんが「良い夫婦の日」でもありますからね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

各地に出張することが多い私は訪問先に迷惑をかけないよう、コロナ対策に十分注意しているつもりです。

実は先週の「出張」は、家を出る直前「中止」しました。

熱は平熱なのですが、喉に軽い違和感があったため「かなり大事をとった」カタチです。

飛行機のキャンセルや各方面に「中止」の連絡をしているうちに喉の痛みが消えてきたのですが・・(おいっ)

結局、その後の体調変化も無く、神経質すぎたかもしれませんね。

でも、ほんの少しでも懸念があるならば、勇気をもって止めることも必要と常に考えています。

それも「仕事への信用」の一つの要素にもなるかと考えています。

新型コロナ第8波と言われる感染再拡大が見え始め、特に、私が住む北海道・札幌は新規感染者数が過去最多となり、全国に先駆けて拡大しています。

旅行支援やイベント開催など、行動制限が緩和されていますが、自由に何をしても良いということではなく、それだけ「個人における責任」が大きくなったということと考えています。
(今回、訪問中止となった会社は来月訪問いたします)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

本日は「土木の日」です。

各地でいろいろなイベントが企画されていると思いますし、お手伝いしている建設会社も多いかと思います。

社会資本を支えている「土木」を多くの人たちに理解してもらうのは良いことですよね。

例えば、観光として土木景観を見学するインフラツーリズムも増えてきていて、私が所属するNPOでもいくつか企画したことがありました。

どの地域にも「歴史」はあるわけですが、そこに大きく「土木」が関わっていることを掘り下げていくと「おもしろい」ですよね。

また、ダムカードマンホールカードなど「マニア心」をくすぐるのも良いですよね。

ちなみに私の妻は「デザインマンホール」「街路灯のデザイン」に目が行くらしいです。

ぽけふた偶然「ポケモンマンホール」を見つけたり(私が踏んでいた)、各地の特色あるマンホールや街路灯を写真に収めています。

小さなことでも「街づくり」に興味を持ってもらい、多くの人が土木に対する認識と理解を深めてもらえると良いですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

15年以上前にブログというツールを使って情報発信を始めて「いろいろと変化」した私です。

常に情報に対してアンテナを張っていることや、相手に伝達しやすくする工夫など、今の仕事に役立つことも多いです。

さて、私のクライアントであり弟子の一人でもあるT君「建設系YouTuber」として情報発信してからいろいろと変化してきました。

情報収集にどん欲になってきましたし、説得力ある話術も上手くなってきました。

例えば、話が盛り上がって、私が何か「名言(笑)」を発すると「すみません、録画するのでもう1回言ってください」などと言い出します。
(意地でも2度は言いませんが・・笑)

また、私が発言しようとすると「ちょっと待ってください!」と止め、同席者に「肉丸さんは何を言うでしょ〜うか?」とクイズを出します・・。

相手に興味を持たせる話し方ができるのは良いと思いますが、ちょっとウザイ気もします(笑)

多分、一部の社内の人も「苦労」している気がしますが、未来にはプラスになることが多いので辛抱してくださいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

私のクライアント訪問に同行し、コンサルティングしている様子を見せてほしいと頼まれました。

私との「やり取り」や、それを受けた会社がどのような体制で、どのように取り組むか学びたいとのことです。

と言われても、私は何か「勝利のマニュアル」があって、それを押し付けているわけではなく、まずはクライアントさんが「自発」で動く必要があります。

その行動に対して、新たなアイデアや改善を加えたり「戦略の提案」をするため、各社の社風によって内容が全然変わっていきます。

そのため、春先に「戦略を提案」したクライアントさんに行き、履行報告を受けて「新たな改善提案」をする様子を見てもらいました。

各現場における私の着眼点や「指摘や指導方法」が、現場担当者の年齢や目指す目的に合わせて変化させていることに気づいてもらえるよう少し過剰に表現しました

でも、社員意識が高い理由や若い社員が成長できる理由、そして高い成績と利益を上げている理由が少しわかっていただけたと思います。

社風の違いがあるため「全て真似る」ことはできないと思いますが、会社を変える大きなヒントになったかと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

100年以上の歴史を持つある建設会社は、ベテラン技術者も多いのですが、全体的に若返りを図っています。

従業員における若い社員の割合も増え、管理職も40歳代となっています。

先日も10代の女性技術者さん3名と一緒に20代の若い現場代理人が頑張っている現場3か所を訪問しました。

現場事務所を見ても「働きやすい職場環境」の工夫が随所に見られますし、ヒアリングしても、皆が意識が高く、私の質問にも的確に受け答えしてくれて感心しました。

若い人達が良い成長できている要素の一つに良い意味での「自由」があるのですが、しっかりと見守られている「安心」の中でチャレンジできる環境があります。

見守られている「見張られている」は違いますよ。

私からもいくつか「新たなチャレンジ」をお願いしてきたのですが、いろいろと楽しみですね。

若い6名のエネルギーを吸い取ったので、私も元気が出ました。
(妖怪かっ!)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

安全掲示板に「熱中症」に関する注意事項などを掲示していた現場も多いと思います。

さすがに「この時期」も掲示しっぱなしということは無いですよね。

しかし、熱中症対策の掲示は、スローガンやWBGTチェック表、温度計などを大きなスペースを使っていて、撤去すると「とても寂しい安全掲示板」になってしまうこともしばしば・・。

労働災害には「季節性」があって、実は「冬期間」の方が労災発生率が高いと言われます。

冬期間の転倒事故交通安全はもちろんのこと、火気取り扱い一酸化炭素中毒などにも注意が必要です。

また、寒くなると体の動きが鈍くなりケガをしやすいですし、免疫力も低下して体調不良にもなりやすいです。

さらに高齢者が多いとか屋内外での作業など寒暖差がある場合は「ヒートショック」にも注意が必要でしょう。

「啓発すべきこと」は多くなるわけで「寂しい安全掲示板」になるのはおかしいですよね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

私が訪問すると聞き、その地区の建設協会の有志数人が懇親会を企画してくれました。

お酒を飲めませんし、初めて会う方もいて「おとなしく」しようと思いましたが、最終的には「とても盛り上がり」ました

協会の中でお互いを高めるための「情報共有」はされていたようですが、普段は話をしないようなことまで語り合えたみたいです。

例えば、人材確保は会社の理念や価値観を含めた会社の社風に合わせて実施しなければ「無駄な投資」が増える・・などと話をすると、自分たちの実例などを隠すことなく話してくれました。

実例を知ると「どのように工夫するか」という具体策も提案できますよね。

あっという間に時間が過ぎてしまい、飲食店の店員さんに促されて店を出ましたが、店の前で「立ち話」が続きました

個々の会社に対しての話が多かったので、最後に建設協会としての取り組みのアイデアを出させてもらいました。

皆さん「かなり飲んでいた」のですが、その時はビシッとして忘れないようにメモしているのが面白かったです

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ