■ひとこと■
現場に役立つ・・・かもしれない(笑)
メールマガジンを建設関係者限定で配信しています。
ブログとはまた一味違う内容ですよ。
配信希望の方はメールにて「ご連絡」を。

2017年04月28日

レベルアップ

今週はイロイロとあり、月曜日の出来事が随分昔のように感じています(笑)

そのような中、3月末工期での現場から「工事評価点」結果が続々と送られてきました。

一応、連絡いただいた全ての現場で「目標達成」できたので、とりあえず安心です。

ただし「数値目標」の達成が目的ではないので、各位にはキビシイ批評をしたのですけれどね(汗)

100点じゃないですから反省すべきことはあるわけですし、次の「成長」に繋げなければ意味は無いです。
(もちろん、良いところも褒めますよ・・笑)

PDCAとまでいかなくても「実行と検証」を繰り返すことが大事ですし、そこに客観的な「気づき」を問いかけることでレベルアップに繋がると思います。
続きはココから!

2017年04月26日

何番目?

地場の同族建設会社で叩き上げで取締役となったHさんは社員からとても高い信頼を得ています。

マネジメント力
も高いのですが、全体最適を考えた「調和型のリーダーシップ」で100名の従業員をまとめています。

これはとても大変なことだと思うのですが、自身も常に勉強を行う姿勢を持ち、その得た知識や情報も現場にフィードバックし、管内の地整では常にトップクラスの工事成績を収めるという結果を導いています。

私も偉そうにしていますが、Hさんの足元にも及びません(汗)

とても「尊敬」していますし、お付き合いさせていただいていることを嬉しく思っています。

例年、Hさんの会社で社内セミナーをさせてもらうのですが、今年は私が主催する「勉強会のメンバー」を誘いました。
続きはココから!

2017年04月25日

時間ピッタリ

私は工事評価点向上や工事書類作成などについて「セミナー」を行うこともありますが、一般的に行う「セミナー」は、内容が微妙に変わっても「基本的な伝えたいこと」は変わりません。

しかし、契約していただいているクライアントに対して行うセミナーは、毎回「レベルアップ」できるよう「新ネタ」を作成しています。
(クライアントには年1回「無料でセミナー」を行う約束をしているのです)

とは言え、契約時期に差があるため、順を追うカタチにはなるのですけれどね(笑)

何度か話したことのある「ネタ」は時間配分なども分かりますが、「新ネタ」時間配分が分かりません。
(というか、話の進展内容を覚えていないときもある・・爆)

だいたいの時間を想定して作成するのですが、その日の気分や聴講者の雰囲気を見て、ウンチクなども付け加わるため「誤差」が発生するのです。

さて、先日は2時間の社内セミナー「新作」を披露しました。

今回は残業を削減するための効率的な工事書類作成方法を考察する内容です。
続きはココから!

2017年04月24日

我らイワケン株式会社

DSCN0680岩手県の友人が「我らイワケン株式会社」というマンガ冊子を送ってくれました。

岩手県建設業協会が作成したもので、高校生達が建設業の「魅力」「ヤリガイ」を職場体験していくなかで感じていくという内容です。

チャラいオペレーターやベテラン社員、社長の息子や女性技術者などのキャラクター達の「仕事に対する思い」の描写がとても良い作品でした。

個人的な思いですが、私は「建設業の災害貢献」をアピールするのがキライです。

確かに災害が発生した場合、地域の気候から自然風土を熟知し、機材と資材と人材がある建設会社が迅速かつ適切に対応します。

しかし「それ」は、技術を持つ自分たちにとって「あたりまえの事」ですから、わざわざアピールする必要はないと思うのです。

東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県の建設業協会が作成した冊子ですから、そのあたりの「アピール」もあるかなと思ったら・・。
続きはココから!

2017年04月21日

カンタン維持マップ

北海道は雪が融け、冬の間にデコボコになった道路がとても目立ちます。

また、ホコリだらけで、穴埋めや道路清掃など「維持作業」アチラコチラで行われています。

私も「維持業務」を担当していたことがあるのですが、作業個所をまとめたり写真を整理したり、使用車両や機械の日報、労務や使用材料の報告などを作業班が帰ってきてから報告を受け取りまとめていました。

特に今時期は複数の施工班が作業することもあり、書類作成が大変でしたね。
(残業も何時間もしていたなぁ〜)

北海道に限らず、全国で道路や河川、ダムなどの維持管理を担当されている方は「日々の書類づくり」が大変だと思います。

ということで、友人に「維持作業の書類づくり」簡単に入力できるアプリを作ってもらいました!!
続きはココから!

2017年04月20日

天王山

私は「勝負事」というのはキライです。

俗にいう「ギャンブルの類」も一切やりません。

それは負けることがキライで、勝てる勝負しかしないからでしょうね。

さて、山崎の合戦において、羽柴秀吉が天王山を先に占拠し合戦を優位に進めたことから、先行きを左右するであろう重要な局面を「天王山」などと言いますよね。

普段は「平穏な生活」をしている私は、昨日、初めて「天王山」という言葉を使ったかもしれません(笑)

私が関与する「ある事業」が、発足後すぐに「天王山」を迎えることになり、関係者に発破をかけたのです。

まぁ「乾坤一擲」「皇国の荒廃・・」でも良かったのですが、多分意味が伝わらないでしょうから・・(爆)

どちらにしても「新しい事業」ジワジワと進むよりは、最初っから「大勝負」できるのは良いことです。

仮に「負けた」としても(汗)キズは深くなりませんし「修正」が早く行えるわけです。

とは言え、負けることがキライな私は自信を持って「勝算あり」と言えるのですけれどね。

わずかな不安要素があるとしたなら・・。
続きはココから!

2017年04月19日

飲水思源

毎年「ゴールデンウィークに一緒に台湾に行きませんか?」と誘われます。

残念ながら、4月と5月のスケジュールは例年一杯なため、お断りしているのですが「八田與一の慰霊祭」への出席を促されているのです。

八田與一は、台南市の烏山頭ダムの建設指導を行い、農業水利事業に大きく貢献した土木技師です。

中国の故事に「飲水思源」という言葉があります。

水を飲む時は井戸を堀った恩人に感謝することを忘れないという意味になるでしょうか。

正しく八田與一の行いは「飲水思源」として台湾の人達に感謝されています。

その八田與一の銅像が破壊され、それも頭部が切断されるという事件が発生しました。

犯人は逮捕されたもののも残念ですし、悲しいですね。
続きはココから!

2017年04月18日

お手伝いしている建設会社

私がお手伝いしている建設会社さんが「私からのメール」を、社内共有のため「ひとまとめ」にしてくれました。

改めて自分のメールを読み直すと「キビシイ言い方」をしていると感じますね(おいっ!)

私との連絡は「メール」を使用することが多くなりますが、メールなどを使用してのコミュニケーションは感情が伝わらないこともあります。

また私は曖昧な表現ではなく、悪いものは悪いと「ハッキリ」と表現するようにしています。

顔を合わせて話をすると表情や仕草、言葉の強弱で感情や意図が伝わりますが、文章では私の意図と違う意味で認識し、誤解が発生するかもしれません。

あくまでも「向上し、良い成果として欲しい」という「愛」の気持ちしかありませんからね。
続きはココから!

2017年04月17日

i-Conとタクシー運転手

先週は展示会でテンションが上がったままの勢いでクライアント様向けセミナーを行うため「出張」に行きました。

目的地に夜中につくと、さすがに「疲れて」いて、ホテルまでタクシーで行くことに・・。

運転手さんにホテル名を告げると「ちっ!」と言われました(汗)

ワンメーターという距離ではないのですが、運転手さんにとっては駅で長い時間待ったわりに「近い客」だったのでしょうね。

どちらにしても、お客さんを不快にさせるのは「プロ」とは言えないですし、何より「楽しく仕事をしていない」可哀そうな人なのでしょう。

お金を稼ぐ手段として仕事をしているだけで、「自分の幸せ」のために仕事をしていないのでしょうね。

それを踏まえ、翌日のセミナーでは、当初予定を変更して30分だけ「i-Constructionの話」をしました。
続きはココから!

2017年04月14日

失礼な言動

前回も告知しておりましたが、昨日今日と「岩崎トータルソリューションフェア」に来ています。

商品のプロデュースする「ユニトライクさん」のブースにいますが、昨日は事前告知していた知人やクライアント様がブースを訪問してくれたり、突然の友人の訪問などで「テンション」が上がり気味でした。

故意を含めてではありますが(笑)いろいろと「失礼な言動」もあったかもしれません。

お許しいただければと思います。

私は「商品プロデュース」をしていると言っていますが、別に売れたからと言って何か報酬があるわけではありません。

ユニトライクさんのブースにはいますが「日当」をいただいているわけでもありません(笑)

ただ、自分が「良い」と思うモノを多くの人に勧めて、使っていただけると「嬉しい」という気持ちだけなのです。
続きはココから!

スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント