■ひとこと■
現場に役立つ・・・かもしれない(笑)
メールマガジンを建設関係者限定で配信しています。
ブログとはまた一味違う内容ですよ。
配信希望の方はメールにて「ご連絡」を。

2018年12月14日

大掃除を開始

まだ12月も半ばですが、私は今週から少しずつ大掃除」を開始しています。

家庭ではあまり「掃除」をしない私ですが、仕事では「掃除」が大好きでした。

現場管理をしていたときは「掃除」に費やす時間がとても多かったです。

朝の現場事務所の掃除はもちろんのこと、現場でも常に「竹ぼうき」を近くに置いていました(笑)

私に限らず、仕事場での掃除が「習慣」となっている人も多いと思います。

きれいな現場は「安全」キホンですし、キレイな現場はキレイな仕事に繋がりますからね。

発注者や地域住民、協力会社、納品業者など現場を訪れる人が「キレイ」と感じられる現場づくりは大切です。

特に現場のトップが率先して掃除をすると工事関係者は簡単に汚せず、整理整頓された規律ある現場になります。

同じ作業員さんでも「だらしない現場担当者」の現場に配置されると「だらしない仕事」になってしまうものです。

また掃除をすると「細かなこと」に気づくことが多く、効率化や新しいアイデアなども出てきましたね。

さらに誰かが気持ち良くなることを考えながら掃除をすると「現場のコミュニケーション」が驚くほど良くなります。

現場担当者の力量「掃除にあり」かもしれませんよ。


2018年12月13日

羨ましい?

過去にセミナーを受講していただいた建設会社の社長さんからメールをいただきました。
(多分、ブログは読まれていないかな・・)

私のクライアントさんが「羨ましい」という内容です。

セミナーでは「事例」なども紹介するのですが、一般的な事例を話をしてもツマラナイですよね。

努力して成果となった「事例」を写真や工事書類などと合わせながら「ストーリー」として紹介しています。

そのため、私のクライアントさんは、失敗や困難を乗り越えて、成長を続ける「ヤル気」のある従業員ばかりと思われたようです。

そのような従業員さんばかりならば、私がお手伝いする必要は無いわけで・・(おいっ!)

それより気になったのはメールに「現状で満足し、いつもそこそこの結果、変わる気が無い・・」などと自社の従業員さんについてグチってしまっているところです。

経営者さんは孤独ですから、私にグチを言いたかったのだと思いますが、他社と比較してグチを言っても仕方ありません。

社員さんにも問題はありますが、それは同時に経営者にも問題があるということです。

従業員さんが変わる気が無いのも「卵が先かニワトリが先か」という話でしかないと思いますよ。

「羨ましい」と言わずに私を会社に呼んでいただけたら良いのですが・・(笑)


2018年12月12日

ICT建機

先日「ICT建設機械」について、できること・できないことを聞かれました。

私は建設機械、特に重機と言われるものを運転したことが無いので答えられないです。

正確には「イタズラ程度」で運転したことはありますし、操作もできますよ。

でも「仕事となる運転」をしたことが無いのです。

理由は、重機を操作する上で重要となる「カン」が悪いからに他ありません。

この「カン」ですが「感」「勘」「観」のどれが当てはまるかも分からなかったりします(笑)

「感」という部分では「五感」で感じることができるかですね。

例えば、熟練したバックホウのオペレーターはバケットに少しでも触れた「異変」を感じることができます。

私は何度か「地下埋設物」の事故をこの「感」で救われています。

「勘」
直感的に感じ取る能力のことですが、経験に裏付けられた「読み」のことになるかな。

例えば「この先どのようなことが起きるだろう」と感じられることですが、私はオペレーターとして経験が無いわけですから「勘」が働かないわけです。

最後は「観」ですが、真理や道理を観ることで、表面ではない「内側」を見ることができることです。

私はこれらの「カン」が悪いから「重機」を運転しなかったわけです。

ICT建機のできること、できないこと・・かぁ。
(ちなみに私はi-con推進派ですからね)


2018年12月10日

油断

土曜日に今季初「忘年会」があったのですが、私の地元「札幌」ツルツル路面となり、帰り道の横断歩道で「初転倒」してしまいました(汗)

札幌で生まれ育っていますから「転ばない歩き方」を習熟しているのですが、久しぶりの「冬道」で完璧な「油断」です・・。

さて、上野の西郷隆盛像を作った高村光雲という彫刻家が修行を終えた時、師匠である高村東雲から「これだけは技術のために特に話し置く」と言われたことがあります。

私なりに簡単にまとめると・・
(私なりなので解釈違いはお許しください

技術者は、古いものや新しいものについて研究し、自分なりに工夫しなければならないから油断してはいけない。
慢心せず学び、一人前となったなら、その技術を弟子に伝え、立派な人物を自分の後に残すことを考えなさい。

と言う内容です。
(原文に興味のある方は幕末維新懐古談、79編の21編をお読みください)

仮にも「技術者」を名乗るのであれば、いかなる場合も「油断」してはいけないということです。

もう一つ、部下(弟子)を育てることも技術者として大事ですね。


2018年12月07日

復活?

来年の「年間スケジュール」を考えている最中なのですが、何か「おもしろいこと」をやりたいと思っています。

少し仕事も落ち着いてきたので、その「準備」に動き始めました。

やりたいことは「5つ」ほどあるのですが、その一つに、建設系のブログを書いている人や読者さんなどを集めた「建設ブロガーの会」というものを、久々に「復活」したいと考えていたりします。

ブログを書いている人は少なくなりましたが、情報交換などで増えた新しい仲間から「皆で遊びたい!」と言われたことがキッカケとなりました。
(副会長さんも長期プロジェクトが終了したようですし・・)

関東近辺の人達は「飲み会」などで集まることも多いようですが、私やこの人などの「地方組」はなかなか集まれません。

「建設ブロガーの会」というイベントとするならば地方組も集まりやすいですからね。

さて「ブログを書いている人は少なくなった」・・・と思っていたら「1人復活」しておりましたっ!(笑)

まぁ、2012年4月に更新が止まってから年に数回しか更新されていないブログなので、今回の復活がいつまで続くか分かりませんけれどねおいっ!)

とりあえず「電子納品」で困っている方がいましたら、こちらを読まれてみると良いと思います。

ちなみにキタノミナトさん下戸なのですが、明日「一緒に飲む予定」です(笑)


2018年12月06日

逆さ地図

私は子供のころから「地図」を見ることが好きで、今でも「古い地図」現在の地図を見比べて変化を楽しんだすることが好きです(笑)

さらに地勢などを見て、正確な測量技術の無い時代の人が、絶妙な場所に町や城を造っていることに驚き楽しんだりしています。

また、初めて訪問する場所に行くときは「地図」を見ずに行き、後で自分が通った経路を「地図」で確認します。

偶然に何か見つけると楽しいですし、もう少し先を進むと「面白い場所」があったなどと気づくと、次の訪問が楽しくなったりします。
(暗いヤツかなぁ・・笑)

逆さ地図さて、沖縄の建設会社さんを訪問した際、応接室の壁に「変わった地図」が貼ってありました。

沖縄を中心に南北を逆にした地図なのですが、沖縄を中心として考えると私の住む「札幌」「タイ」は距離が変わらないのです。

当たり前と言われると当たり前なのかもしれませんね(笑)

でも南北を逆にしているため、視点を変えてみることができ、距離感だけではなく「国際的な関係」なども見えてくる気がします。

普段からの「固定概念」を忘れることで「新しい発想」が生まれるのでしょうね。


2018年12月05日

熱中症対策を・・

先週は「沖縄」にいたのですが、新千歳空港に降り立った時は温度差で「ヒートショック」になるかと思いました(笑)

さて、昨日は全国的に気温が高かったとのことで、12月としては記録的とのことです。

このまま「寒くならなければ良い」と思っていましたが、今日から気温は大幅に低くなるそうです・・。

これから「冬」になるわけですが、私は来年の「熱中症対策ネタ」を考えております(爆)

海外から熱中症対策に使えるかもしれない「あるもの」を取り寄せました。

しかし、あまりにも「レア」すぎて、国内に「データ」がありません。

一応「プロの方」にも成分分析などお願いしているのですが、私自身も「効果」の検証をしようとしました。

昨日は一日かけて試行錯誤しながら「格闘」しておりましたが、心が折れました・・(おいっ!)

とても面倒なのですが(笑)、面倒だからこそ誰も手を出さなかったわけで、隙間であることは確かです。
(韓国のメーカーが製品化したという話も聞きましたが・・)

ここに書いた以上は「成功」させたいと思いますが、来年の初夏に私が何も告知しなければ「失敗」したということで・・(爆)


2018年12月04日

頑張ってほしいH君

Aさんは「10」の能力を持っていながら「8」しかやりません。

Bさんは「5」の能力しかありませんが、今回は頑張って「6」を行いました。

どちらを評価しますか?・・と言う質問をいろいろなところですることがあります。

会社の利益はAさんの方が高いわけですが、Bさんを褒めたいですよね。

でもBさんを褒めると能力のあるAさんは「おもしろくない」と思うでしょう。

さて、お手伝いさせてもらっている建設会社のH君は、お世辞にも「能力が高い」とは言えません。

正直、現場での仕事ぶりに何度か驚かせられました(汗)

でも、自分のできる範囲ではありますが努力する姿勢が見え、私は彼をとても可愛がっています。
(もしかすると、当ブログのどこかにも書いたかもしれませんね)

そのH君が発注者が主催する「技術発表会」ノミネートするとのことで、その資料を添削してほしいと頼まれました。

何度か添削し、修正してもらっているのですが、一向に良くなりません(汗)

私は自分の技術としてもらうため「添削」はしても「代筆」することはありません。

しかし、つい我慢しきれず「例」として「書き方」を作ってしまいました(汗)

オリジナルを尊重しているのですが、数時間を費やしてしまいました・・。
(つい時間を忘れるほど集中してしまった・・汗)

慣れている私でも数時間かかったわけですから、現場で仕事をしながら作成したH君は大変だったろうなと想像してしまいます。

ぜひ、私の例を「参考」として、入賞くらいはしてほしいですね。


2018年12月03日

酒気帯び

酒気帯び状態で車を運転し、ひき逃げをした元アイドルに厳しい判決が出ましたね。

また飛行機のパイロットの飲酒も問題となっています。

前日の夜に飲酒し「一晩寝たから大丈夫」と言っても、睡眠時間とアルコールが分解される時間は違います。

翌朝の朝礼で「アルコールチェック」をしたとしても簡易的なアルコールチェッカーが正確とは限りません。

また、もし呼気中のアルコール濃度が高かった場合、現場までの移動が「酒気帯び運転」の可能性もあるわけです。

「飲んだら乗るな」は当たり前ですが「飲んだら翌日も乗るな」ということになるかもしれません。

ちなみに私は普段は一切お酒を飲みませんが、お酒の「お付き合い」はします。

家内が「酔った姿を見たことが無い」というくらいお酒は「強い」のですが、それでも生ビールを中ジョッキで4杯飲むとアルコールを処理するまで「5時間」かかります。

私は体重や体質が「規格外」らしいので(笑)、普通の人は9時間くらい要するとのことでした。

12月は忘年会で飲酒の機会が増えると思いますが、会社や現場で酒の上手な飲み方、付き合い方を教育し、個人も翌日のスケジュールに合わせた「適量」としましょうね。
(朝7時に自宅を出る場合、生中4杯なら21時には飲酒を止めるなど)


2018年11月30日

10分間

右肩上がりで受注を伸ばし、安定した経営となっているクライアントさんを訪問しました。

今年は11月ころが一番時間がとりやすいとのことで、この時期の訪問となりましたが、今年は例年以上の忙しさのようです。

ヒマよりは忙しいのは良いことです(笑)

設計変更や他工事との日程制約がある工事など、ゆっくりとお話しする時間が取れない現場もありましたが「少しだけアドバイス」させてもらいました(汗)

忙しいのは現場だけではなく、地域の協会の会長職もやられている社長さんもでして、会合や視察などあちらこちらを飛び回っております。

私が訪問した日も会合と懇親会があったのですが「どうしても私に会いたい」とのことで、私が「飲んでいる店」に顔を出してくださいました。

「10分間だけ」とのことですが、無理されて来ていただいたことが嬉しいですね。

そして10分の間にお伝えしたいことや将来展望、そして「私からのお願い」を聞いていただきました(爆)

少し経費が掛かるお願いでしたが、お忙しい「どさくさ」に乗じて了承していただきました(おいっ!)

でも必ず費用以上の効果(成果)をお約束いたします!


スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント