■ひとこと■
現場に役立つ・・・かもしれない(笑)
メールマガジンを建設関係者限定で配信しています。
ブログとはまた一味違う内容ですよ。
配信希望の方はメールにて「ご連絡」を。

2016年08月31日

感情移入

私はクライアントさんとメールなどで「相談や報告」を受けるのですが「技術提案」などの受注対策や「評価点・創意工夫」などの業務の内容がメインです。

より良くする方法を含め、「励ます」など「前向き」な内容で返答しています。

クライアントさん以外からも「相談」をいただくことも多いのですが、中には「切実な内容」もあったりします。
(切実な内容は稀ですけれどね)

昨日は珍しくネガティブな相談内容ばかりで、普段は「ポジティブ回答」の私も、しだいに「説教」じみた返答ばかり書いていました。

すると、自分も「落ち込む」のですよ・・(汗)

私だって問題を後回しにすることもあるし、見て見ないふりをすることもあります。

そのような自分のことを「棚」に上げて、「偉そうに」言えるかと考えてしまうのです・・。
続きはココから!

2016年08月29日

美味しい料理法

Aさんは、日本では知らない人がいないと思う「大企業」(建設業ではない)に勤めた後、父親が経営する地場ゼネコン(県内五指に入る)に入社しました。

父親の姿を子供のころから見ていて、建設会社を継ぐ気はなかったらしいのですが、大人の事情もあるみたいです(笑)

何より、人材や利益、受注など「会社の経営」が厳しくなってきていることが問題なのですが、以前勤めていた会社では「考えられない」社内体制のため、思い切って「会社の仕組み」を変えようとしています。

その取り組みをいくつか教えていただいたのですが・・・。

・・これ、何をやっても「空回り」していますよね・・と言ってしまいました。
(運慮しない私です・・汗)

でも「その通り」だそうで、何をやっても社員さんに理解してもらえないそうです。
(だから私にメールで相談をくれたとのこと)
続きはココから!

2016年08月25日

オウンドメディア

オウンドメディアと言って、ブログなどの情報媒体を使って「営業」に繋げることがあります。

ちなみに、当ブログの読者層は、実際にお会いしたり、メールやメルマガ申請などから、どちらかというと社内では若手や中堅クラスという立場の人が多いと感じています。

経営者さんなどの決裁権を持つ読者さんが少ないので、ブログで「告知」することはあっても営業となる自分の業務について「詳細」は書いていません。

調べたら分かるのかもしれませんが、積極的に「会社名」を出すこともしていません。

ブログと実務は切り離して考えています。

とは言え、実務の中で私の「人となり」が分かり、親近感も感じてもらえたら良いので「ブログを読んでくださいね」とは言いますが・・(笑)

そのような中、ブログ読者さんから「仕事の依頼」をいただきました!
続きはココから!

2016年08月24日

ライバルの写真

私と契約していただいている建設会社さんから、自分の担当している「工事現場」について、相談や連絡をいただくのですが、先日は他社が行っている「近隣の現場」について、写真付きで「報告」をいただきました。

私は「このような報告」「大好物」です(笑)

また、その会社にとっても、ライバルが「どのようなことを行っているか」を知ることは大事ですよね。

例えば、私は総合評価で「受注できなかった案件」についても、施工状況を調べて教えてくださいとお願いしています。

まず、課題が分かっていますから、ライバルの取り組みを知ることで「今後」に繋がります。

何より、社内であれば「指示代名詞」(あれ・これ・それ)でも伝わることがありますが、私に報告するには「相手の理解」を考えて、資料や写真を用意しなければなりません。

すると「それだけ」で、自身の理解力が高まるわけですから、成績や受注が伸びるのは当然ですよね。
続きはココから!

2016年08月23日

施行成績の傾向と対策セミナー

先日も告知いたしましたが、9月2日と10月21日に北海道建設新聞社さん主催で「施行成績の傾向と対策セミナー」を行います。

そのデータが出来上がったため、新聞社の担当者さんに見ていただきました。

と言っても「工事評価点」に限ると「やるべきこと」は決まっていますから、いつも「同じ話」になってしまうのですが・・(汗)

私はともかく(おいっ!)、セミナーでは昨年に引き続き「発注者側から見た対策」を国土交通省で技術管理官を務めた山崎さんがお話しされます。

その資料を見せていただきましたが、昨年のアンケートを受け、今年は「より具体的な内容」になっていて、私も大変勉強になりました。

さらに技術管理官時代に作ったという「現場監督員向け資料」まで公開されるそうです。

現場において「どのポイント」を見ると施工者のレベルが分かるか・・などということらしいですよ。

受講申し込みも順調なようで、安心しました。
(定員が350名と限りがありますので、興味のある方は早めにお申し込みを・・)
続きはココから!

2016年08月22日

リオ五輪

ここ数日、ボヤ〜っとしている・・というか日が多い私です。

多分オリンピックの見すぎで「寝不足」なのでしょうね(汗)

最後まであきらめずに、少ないチャンスから逆転する試合も多かったですよね。

にわかファン
と言われそうですが、普段はマイナーと思われる競技も見ているうちに「おもしろみ」を感じ、ハマってしまいました。

特に選手の取り組みや考え方、今までの競技人生を含めた「人間的背景」を聞くと感情移入してしまいます。

どのように努力し、乗り越えてきたか
・・なども人生の参考になりますよね。
続きはココから!

2016年08月19日

思考力の低下

46歳の働き盛りの「中間管理職」さんから届いたメールは、管理能力の「悩み事」の後に、急激に「体力・視力・思考力」が低下し、自分のスケジュール通りに物事が進まなくなった。
・・と書かれていました。

また、「肉丸さんはこの頃どうでしたか?」という質問も・・。

まぁ、40歳後半となると体力・視力の低下は仕方ないですね。

私も新聞広告などの「サプリメント」が気になるようになりました(笑)

特に「視力」は、日々落ちいているのを実感しています。

ただし「記憶力の低下」は少々感じでも「思考力の低下」はありませんね。

もしかすると「低下」しているのかもしれませんが、その分「経験値」でカバーしているからかもしれません。
続きはココから!

2016年08月18日

脳の転換

私は「自分のやりたいこと」を仕事としているので、楽しいですし、あまり「休み」を必要としていません。

年中無休24時間営業
をうたっているのですが、基本的に「待機時間」がほとんどです(おいっ! 笑)

とはいえ、お盆期間中でも1日に2本程度の「相談メール」はいただいております。

休まずに頑張っている方もいるのですが、休みだからこそ落ち着いて仕事を再認識し「気づき」を見つけたということもあるようです。

また、家族旅行先で見かけた「工事現場」の工夫から「新たなヒント」を見つけ、自分の「現場に活用する方法」の相談などもありました(笑)

ただ「まねる」のではなく、どのようにすると「もっと良い工夫」になるかを「まねぶ」機会になったわけです。

休み期間中でも、しっかりと「次の準備」に繋がっていますよね。
続きはココから!

2016年08月12日

町の秘密

どの町にも、その町が出来上がっていく「過程」があります。

そこには「理由」「秘密」が隠れていているわけですが、土木に携わる者として、先人の「街づくり」を探し、見つけ、残すということは大切なことと考えています。

そこで、私が所属するNPOの仲間たちと地元である「札幌」の成り立ちについて「学ぶ」ことを行いました。

と言っても、「なぜ札幌は、わずか150年という短い期間で、急速に発展したか」というNHKの「ブラタモリ」という番組のトレースをしただけですが・・(笑)

しかし番組では語られていない「史実」を掘り下げたり「異論」なども交えて勉強をいたしました。
続きはココから!

2016年08月10日

働きアリの法則

いろいろと相談を受ける中で、給料が少ないから「やる気」がでない。。という相談が困ります。

給料が少ない理由はいくつか考えられますが、中小の場合は経営サイドの「搾取」が多ければ「やる気」は無くなるでしょうね。

いくら頑張っても「費用対効果」が上がらない(むしろ下がる)のであれば、頑張る気はなくなるでしょう。

うちの社員は頑張りが少ない!・・なんて言う社長さんもいるのですが、その分残業代や報酬を出していますかと聞くと、出していないことが多いです。
(時給に換算すると、頑張る気もなくなりますよね)

経営サイドの搾取ではなくても、頑張った分がグループ会社や別部門の「補填になる」というのも同じでしょうね。
(その別部門が利益を出した時に還元されるのなら良いですが・・)

もうひとつ、自分自身が「給料が上がるだけの成果を出しているか」ということもあるでしょう。

自己評価は高いのは仕方ないのですが、現場代理人さんを例とすると、仕事を行う上での「こだわり」などを質問すると、明確に答えられなかったりします。
(マネジメント力が問われますからね)

これは、ただ「給料並みの仕事」をしているだけで「並み」であれば「上がる」ことはないわけです。
続きはココから!

スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント