■ひとこと■
現場に役立つ・・・かもしれない(笑)
メールマガジンを建設関係者限定で配信しています。
ブログとはまた一味違う内容ですよ。
配信希望の方はメールにて「ご連絡」を。

2017年03月27日

福の神?

いつもちょうど良いタイミングで現れて、いつも何となく良いことが起こる。

私にとっては「福の神」ですよ・・・などと言われました(笑)

ありがたいですが、ホントの「福の神」に怒られてしまいます。

私は「適当なヤツ」ですからね。

でも、誰かの成功や幸せに私が少しでも絡んでいたとしたら、私も気持ちが豊かになりますね。

そのためには「できること」は行いたいと思います。
続きはココから!

2017年03月24日

大声で早口

久しぶりに「セミナー講師」をしました。

いえ、私の話を聞きたいという有志を集めたセミナーや建設会社単独で行う「社内セミナー」は行っています。

不特定多数の土木技術者さんを前にして行うのが「久しぶり」です(笑)

正直なところ、意欲をもって聴講してくれる人がいるセミナーは喜んで行いますが、CPDSユニット取得を目的にしているようなセミナーはお断りしているのが現状です。

しかし、今回は過去のアンケート結果などから「どうしてもお願いしたい」という主催者さんの意欲に負けた感じです・・。

ちょうどスケジュールが空いている日をピンポイントで指定されました(笑)

かと言って、聴講者さんに意欲があるかと言えば、そんなことはないのですけれどね(おいっ!)

私のことを知っている人も数名いましたが、ほかの人は朝から「お疲れ」のようでした(笑)
続きはココから!

2017年03月23日

移動ストレス

出張時は公共交通機関を使用することが多いのですが、カラダのデカい私は、これが結構なストレスになります(笑)

混んでいるときは、隣の相手に窮屈な思いを掛けていると思ってしまうのです。

さて、今回の移動は電車が無い場所で、高速バスで3時間以上の移動です。

最近の高速バスは3列シートも多くなりましたが、今回は4列シート「満席」でした(汗)

隣が若い女性であれば「自分のストレス」は軽減されるでしょう。
(相手は迷惑だね・・笑)

残念ながら、隣は「おじさん」でして、それも「酒臭い」という・・(泣)

割と「鼻が良い」方でして、匂いが気になるタイプです。
(デパートなどの「香水売り場」では咳き込むほどです)

太っていることも匂いも「マナーが悪い」ということではないので、お互い様なのですが、今回の3時間は「苦痛」以外の何物でもなかったですね。
続きはココから!

2017年03月22日

工程表

どの建設会社や現場事務所にも必ず、ホワイトボードなどを使った「工程表」があると思います。

私はサポートしている現場で施工計画書などに添付している「工程表」はあまり見ません。

しかし、現場事務所を訪問したときは必ずホワイトボードなどに書かれた「工程表」ジックリ見ます。

人や会社によって様々な「個性」があり、現場に対する「気持ち」「考え方」が伝わるのです。

整然と記入されているのも良いですし、雑に記入されていても「頭の整理」をしていることが分かると嬉しくなります。

また、工程表を見ると仕事の流れだけではなく「長期間」の流れを「俯瞰」することで「インスピレーション」も感じることができます。

私自身も現場で仕事をしていた時は、毎朝「工程表」の書かれたホワイトボードを、ただただ眺めていましたからね。
(ボーッとしていたわけではなく、確認と頭の整理をしていたのですよ・・笑)
続きはココから!

2017年03月21日

誤送信

メールやSNSなどで「誤送信した」という話をよく聞きます。

家族に送るつもりで書いた「幼児言葉」LINEを間違えて部下に送信したカタブツの上司などの話は笑えますが、企業が個人情報を流失させたなどの話は「信用問題」にもなりますよね。

ちなみに私も仕事用のExcelファイルを添付してメールを送ったつもりが「ダイエット記録」を添付してしまったことがあります・・(爆)

さて、4月13日〜14日に札幌コンベンションセンターにて(株)岩崎さんが主催する「岩崎トータルソリューションフェア」が開催されます。

私も昨年のトータルソリューションフェアで「セミナー」をさせていただき、200名以上の聴講者が来てくださいました。

今年は50回記念ですから岩崎さんもチカラが入るでしょうね。

私のセミナーはありませんが(笑)、私が商品プロデュースしているユニトライクさんシスメットさんが出展します。

特に私の経験から作った、道路や河川など「維持工事」の書類を「楽に作るアプリ」など初披露しますので、ぜひ来てくださいね!
続きはココから!

2017年03月17日

仕事が早い・遅い

確定申告が終わったと思ったら、早速「税務署」から連絡が来ました・・(汗)

何でも「私のミス」税金を払い過ぎていたようです・・。

「すみません、国家のために少しでも多く税金を納めたいという気持ちが表れてしまいました」

・・・との言い訳は見事にスルー(笑)
(でも偽りのない本心です・・汗)

例えば、もし私が国家のことを考えて小学校を建てるとしたら、少しでも国民に還元できるよう評価額よりも高い金で購入しますけれどね(おいっ!)

それにても、税務署の仕事が早いことに関心いたしました。

多分、税務署はチェックポイントを絞っているから、ミスを早く見つけたのでしょうね。
(私が単純なミスをしたというだけですが・・)
続きはココから!

2017年03月16日

ダジャレおじさん

ある建設会社さんを訪問した時のこと・・。

玄関で掃除していた「おじさん」に会釈をして、受付で「工事部の■■さんいらっしゃいますか?」と聞きました。

来訪されることは聞いておりますと応接室へ案内していただいたのですが、応接室は使用中でした。

すると、先ほどの掃除のおじさんが「4階の談話室なら空いているはず、ご案内します」とエレベーターへ誘導してくれました。

エレベーターの中では「2階は設計部、3階は工事部で、この4階は会議室と社員休憩用の談話室となっています」とデパートの案内のように説明してくれます。

私も「仕方なく」つくり笑顔で聞いていました・・(笑)

それが気に入られたのか、「4階だけに視界(四階)が良いですよ」などとダジャレまで聞かされました・・。
(私はさらに愛想笑いで対応・・笑)

その後、内線電話で「あったかいコーヒーあったかい?」など注文し、そろそろ笑えなくなったタイミングで、救いの神のように■■さんが入室してきました。
続きはココから!

2017年03月15日

良い写真

港湾関係の大きな事業で、数年かけて施工し、その間に「優良工事表彰」複数回受賞している現場を訪問しました。

今年が事業の最終年度ということで、発注者からの期待も大きく、現場としてはマンネリ化できないというプレッシャーもあるようです。

少しでも役に立つ情報が無いかと真剣に私の話を聞いてくれました。
(大手ゼネコンでエースと言われるだけのことはあります)

チラリと工事写真を見せてもらうと「絶妙なタイミング」で撮影された写真を見つけました。

私が注視していると「この写真に気づくとはサスガですね」と言われちゃいました(汗)

誰が見ても「良い工事写真」であることは分かると思います。

しかし「何が良いか」と具体的に説明できる人は多くないかもしれません。

ちなみに、良いといっても構図やアングル、配色ということではないですよ。

工事写真は「記録写真」であり、芸術写真とは目的が違いますからね。
続きはココから!

2017年03月13日

元氣に頑張る

予測変換で「け」と打つと「元気」という文字が表示され、「か」を打つと「頑張れ」という文字が表示される私です(汗)

「元気・頑張れ」
という言葉を多用していることが分かりますね。
(単純なヤツです・・笑)

最近は「頑張れ」という言葉を否定的にとらえている人もいますが、私は誰かを応援して励ましたい時や元気づけたい時に「頑張れ」という言葉以外は見つかりませんね。

また、相手に「頑張れ」というときは、クチには出さないが「自分も頑張るから」という言葉を含めています。

相手の頑張っている姿を見ると「勇気」が湧いてきますから、お互いに頑張る姿を感じ合いたいですよね。

東日本大震災から6年、未だに被災地の友人たちから「勇気」をもらっている私です。

もうひとつ「元氣」という言葉ですが・・。
続きはココから!

2017年03月08日

いつ寝てる?

私のところへは仕事の話から人生相談まで多様のメールが届きます。

いただいたメールに対しては、できるだけ早く返信するようにしています。

とはいえ、スマホやタブレットで文字入力するのは苦手なため、出先などでは返信まで時間が掛かりますけれどね。
(人前では調べ物以外、スマホなどの端末を見ませんし・・)

私のクライアント様「良い人」ばかりでして「いつもお忙しいのに申し訳ありません」とか「時間がある時で結構ですので」などと私に気づかいして書いてくださいます。

私もその気持ちにお応えしたいと、気づいたときは夜遅くでも「返信」するようにしているわけです。

さて、ある現場の代理人さんは、昼間の仕事が終わってから、数量調書作成や図面修正などを行うため、毎日夜遅くまで残業をしていました。

現場事務所に泊ることもあるそうで、グチりたくなることもあるのでしょう。

昼間に施工計画書の変更の相談をしていたの私を思い出して、夜中にグチを含めた「メール」を送ってきました。
続きはココから!

スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント