道路工事中につきご協力を

北海道 札幌 土木 建設 道路工事 工事中 無料 イラスト ダウンロード 安全 創意工夫 総合評価 イメージアップ 自己研さん 

人間には誰しも得意不得意があるわけで、私はそれが個性であると思っています。

ある建設会社の若手社員はキーボードで文字入力は普通にできるのですが「手書き」が苦手で、他の人より時間がかかってしまうそうです。

今は手書きすることが少ないですから仕事上は問題なく、また社内にも「文字を書くことが苦手」ということを知る人はいません。

ところが、社長さんが新年度を機に「経営計画」「クレド」を作成し、それを社員全員に「手書きで模写」するように命じられたそうです。

ボリュームは多くはないとのことですが、コンプレックスもあり会社で書くことができず、家に持ち帰って夜中まで一生懸命に書いているそうです。

その事情を知っている私は「努力」を感じるわけですが、社長は事情を知らないわけで「早く作成しろ」と急かされストレスを感じているようです。

一般的に自分で努力していることをカミングアウトしないわけで、人は「見えない努力」よりも「見える努力」をしがちです。

でも、長所に目を向け陰の努力を認める社風であれば、自然と「見えない努力」に気づくようになると思います。
(社長さんがクレドに手書きで書き足してくれないかな・・笑) 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日からの続きで「コロナ禍」の中で、一緒にお酒を飲みたくない人を紹介しています(笑)

飲食時の感染予防対策として「黙食」が推奨されていますが「東北のOさん」は、多分「黙食」ができない人です。

さらに、とにかく飲んだら「声」がでかく、120dBは確実にあるでしょう(笑)

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、大声を出すことは自粛してほしいですね。

しかし、自分の現場の取り組みなどを毎年「技術論文」として書き上げる「頑張り屋」でもあります。

また、意地っ張りで、反骨精神が強いタイプなので、私は「論文添削」では「かなり厳しく」ダメ出しをしています(笑)

その成果なのか、最近は論文の評価も上がってきていて、私も毎年楽しみになってきました。

ところが、今年は別件でイレギュラーがあり、論文を書く時間が足りなかったようで、あまり「満足できる」ような論文にはなりませんでした。
(もちろん「平均以上」ですが、一番上を目指す私は物足りない)

それは、本人も「フラストレーション」を感じているようなので「次はもうちょっと早く動くぞ!」大声を出して発散してほしいな。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

新型コロナウイルスの感染防止のため「飲み会」など大勢が集まっての飲食はなるべく避けるようにしています。

別に「飲み会」が悪いわけでは無く、至近距離の中で無防備に会話することがいけないと思うのですが、早く、みんなと楽しく飲める日が来ると良いですね。

さて、普段は良いとして「コロナ禍」の中では一緒にお酒を飲みたくない人が「2人」います(笑)

二人ともイニシャルが「O」なのですが、まず九州のOさんは甘いマスクのイケメンです。

自分でもイケメンと気づいているようで、女性と話をするときは「かなり距離が近い」です。
(顔の距離は10cm未満かなww)

それは私に対しても同じでして、私の顔の5cm手前くらいまで顔を寄せて話をしてきます。
(以前にも「同じ内容」でネタにしていました・・汗)

いつも一生懸命に仕事をしていて、素直でカワイイヤツなのですが、今なら「ソーシャルディスタンス」を守れないわけで、一緒に飲みたくないですね。

さて、その彼が今度担当することになった工事が「初めて経験する内容」とのことで、少し不安があるようですが、良い経験になる現場と思いますので頑張ってほしいです。

竣工したときには「じっくりと向き合って」いろいろなことを話したいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ある会社から「社員全員が集まる日」があるので、その日に「社内セミナー」を行ってほしいと頼まれました。

リモートでの「セミナー」も考えたのですが、コミュニケーション向上を図るため「訪問」して行うこととしました。

すると「懇親会を行うが出席されますか?」と聞かれ、気軽な気持ちで「感染対策に注意したうえで参加する」とお伝えました。

いつもは居酒屋で行う懇親会ですが、今回はホテルで行うとのことで、広い会場なのはコロナウイルス対策を考えての事でしょう。

胡蝶蘭さて、当日、会社に伺ったところ、入り口からビッシリ「胡蝶蘭」が飾られています。

そうでした・・この会社では「あるお祝い事」があったのでした。

私はメールで「おめでとう!良かったですね」と送っていた程度でして、顧客の祝い事に「手ぶら」とは何とも失礼な・・・(汗)

さらに気軽に参加した懇親会も「お祝い事」に対しての会で、来賓として紹介していただきましたが「完全に場違い」な感じです。
(どうりで、社員全員が集まってホテルで開催するわけです・・笑)

皆さんが温かく私を迎えてくれたのが救いでした・・。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ゴルフはパーシモンからメタルに変わるころに辞めた私です。

業界のコンペで「ドラコン」を獲ったこともありますが、アプローチとパットが「決定的に下手」でして「100を切る」ことはありませんでした。

そんな私でも昨日の松山選手のマスターズ優勝感動してしまいました。
(本当に実況が良かった)

朴とつとした雰囲気は、粘り強いプレイスタイルと合っていますよね。

また、キャディーの早藤さんの振る舞いも称賛されていて、礼節を重んじる日本人で良かったと思えます。

ゴルフは性格が出るスポーツとも言われ、私もゴルフをしていた時は、仕事でお付き合いする人のプレイスタイルを見ていたりしました。

キャディさんへの態度はもちろんのこと、ミスショットを道具のせいにする人やプレッシャーに弱い人、冷静な人など、そのまま仕事にも出ていましたね。

ちなみに私は「プレイが早く」あまり考えずにクラブを3本くらい持って走り出す「せっかち」「落ち着きのない」プレイスタイルでした。
(だからアプローチとパッティングが下手・・笑)

また、1ホール目のティショットは必ず「チョロ」し、池があると必ず「池ポチャ」するプレッシャーに弱いタイプでした。
(チョロするのは1打目で良いとこ見せようとするイイカッコしいだから)

自分の「イヤな性格」が見えて自己嫌悪になってしまったのが「ゴルフをやめた理由」だったりします。(最悪なヤツじゃん・・笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

私がお手伝いしている建設会社は「ICT活用」を進めている会社が割と多いです。

中でも舗装施工会社の「A社」は、地域でも早くにMMSを使った測量や路面切削の情報化施工を行うなど積極的にICT活用に取り組んでいます。

ICT施工の内製化なども早期に取り組んでいますし、TSやDC「職員全員分」用意しなければならないくらいに職員の多くが「使いこなして」います。

しかし、いかんせん「アピール不足」でして・・。
(私がついていながら申し訳ない・・)

そこで、先日行ったオンラインでの会議で「新たなICT活用提案」をさせていただきました。

私が提案できる程度の事ですから「簡単なこと」なのですが、多分、どこの舗装会社もまだ取り組んでいない内容と思います。

すぐにイメージしていただけたようで「それならできそう」とすぐに快諾いただきました。

そろそろ「実はすごい会社」と周囲に知らしめて欲しいなぁ・・。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

当ブログは匿名で発信していますが、情報発信する以上は責任を持って「ソース(出どころ)」なども時間をかけて調べて、未確定な情報で個人などの批判はしないことを信条としています。

逆に「本名」であっても、個人の主観がメインになったり、承認欲求だけを満たすSNSでは、あまり情報の発信はせず、信頼する人の主張や同行、自慢話を「覗き見る」程度にしています(笑)

私もブログでは自慢話や宣伝らしきことも書いていますが、基本的には「匿名」のため、本名で行っているFaceBookとの連携はためらいがあります。

とは言え、ブログよりはSNSを利用する人が多くなり、私も「ソーシャルネットワークの連携」ず~っと考えていたのですが、つい「後回し」にしていました。

しかし、新年度を区切りとして、ついに重い腰を上げて、まずは「FaceBookとの連携」を行おうとブログのハンドルネームでアカウント作成し、とりあえず「知り合いかも」と表示された「ブログを読んでいそうな人」友達申請をしました。

もしも、読者さんの中にFaceBookをやられている方がいましたなら「Nikumaru Kitanokouji」という名前を検索し、友達リクエストしてくださいね。
(ブログの更新状況程度しか発信しないかもしれませんが・・笑)

ちなみに「北小路肉丸」漢字でアカウントを作成しようとしたら「名前として認められない」ようでFaceBook側から拒否されました(笑)

次は長いこと放置しているインスタをどうにかするかな・・。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨年の事ですが、ブログネタが不足しているため「ネタになること提供してください」と募集したことがあります。

その際、いただいた相談で「この時期」に記事にしたいことがありました。

ある工事現場は朝8時半に安全朝礼を行うため、職員は「朝8時」に現場事務所に集合して「打合せや準備」をすることとしています。

所長さんは遅くても7時半には現場事務所に着いているそうですが、新入社員のA君は「いつも7時58分」に入室するそうです。

ギリギリですが「時間を守っている」ので良いのですが、何か「しっくりこない」ため、ある日「若いうちは始業の15分前には出社する方が良い」と言ってしまったそうです。

すると「納得できない」という意思表示があり、そのあたりから雰囲気も悪くなってしまったとのことでした。

ある程度の年代は「指示や決め事に疑問を持たず従う」ということに慣れてしまっていますが、世代が違うと「理由が無ければ従えない」ということもあります。

「若いから」というのは理由にはなりませんからね。

例えば「仕事を覚えるには事前準備も必要で、忙しい朝は15分くらいの余裕を持っていると仕事に集中しやすくなるよ」などと自分の経験を加えて説明すると同意を得やすかったかもしれません。

もちろん集中して仕事出来た結果として、残業時間は20分は早く切り上げるべきですけれどね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

最近は本社事務所などをオシャレにするなど「働きやすい環境」をつくることで会社のブランディングを行い、社員のモチベーションアップ職員採用に効果を上げる建設会社が増えてきています。

私がお手伝いしているクライアントさんも2年ほどの間に数社が「おしゃれな事務所」になりましたが、コロナの影響で訪問できずにいて、先日やっと見学することができました。

社屋だけではなく、駐車場から外構のアプローチまで一貫したコンセプトでデザインされていました。

ロビーは「社内イベント」はもちろんのこと、一般開放して小コンサートもできる「カフェ風」になっており、カフェと違うのは「フリードリンク」ということかな。
(メニューも多い・・笑)

社屋工事部のある2階は、ワークスペースよりもリフレッシュスペースの方が大きい感じで、集中して仕事ができる空間とオープンな空間が「絶妙なバランス」になっています。

また全体的なコンセプトとして「BCP」対策があり、各種災害に対応できるよう工夫がされていて、社員や地域の方に安心を提供できるようになっていました。

実際この会社は、大規模な自然災害発生時に復旧作業の中心となった会社であり「企業らしさ」が現れていると思います。

働く環境が素晴らしく整ったということは、さらなる「成果」を出していかなければならないため「私もプレッシャー」を感じてしまいました(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

台湾で発生した、特急列車の脱線事故で亡くなった方のご冥福と怪我をされた方の早期回復をお祈りします。

地滑り対策を行っていた土木工事の作業車が落下したことが原因とのことで、土木に携わるものとして心が痛みます。

サイドブレーキのかけ忘れ、あるいは故障の可能性もあると調査が進められているようですが、斜面の多い日本でも起こりうる事故です。

停止時には、必ず「車止め」を行い、ダブルチェックや巡回確認を行いましょう。
(MT車は斜面ではハンドルを左に切ることも追加する)

また、車両の法定点検は当然ですが、日常点検でブレーキの異常などをチェックすべきでしょう。

ニュース映像での現地状況しか見ていないため正しいとは言えない意見ですが、現地は危険要素を含む場所であり「危険予知」ができていたならば防ぐことができた事故のような気がします。

運転手のミスという問題ではなく、管理に問題があったかもしれません。

他国の事故と考えず、すぐにでも自分たちの会社の現場を巡視確認し、危険が無いか確認してほしいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ