■ひとこと■
現場に役立つ・・・かもしれない(笑)
メールマガジンを建設関係者限定で配信しています。
ブログとはまた一味違う内容ですよ。
配信希望の方はメールにて「ご連絡」を。

2016年09月29日

栗山采配

maria日本ハムファイターズが4年ぶり7度目のパ・リーグ優勝をいたしました。
(画像はクリックで拡大)

めでたいめでたい(笑)

また福岡ソフトバンクホークスも強くて、連日「ワクワク」する展開でした。

それでも11.5ゲーム差を逆転したのはスゴイですね。

勝利の要因は多々ありますが「言葉より強い武器はない」という栗山監督の指導と戦略は、私達の仕事にも「ヒント」になると思います。
続きはココから!

2016年09月27日

一期一会

学生時代は「損得」を考えずに友人関係が成り立っていましたが、社会に出てからの友人というのは学生時代とは違うことも多いです。

仕事関係で出会うことが多いため「利害関係」が発生することもあります。

ただ、私はサラリーマンを辞め、独立してからは「利害関係の無い友人」が増えたと思います。

多分、私自身が何かを背負っているとか、「商売をしている」などという感覚が無いからかもしれませんが・・

もちろん、「利害関係」とは金銭的な話であり、ヤル気とか元氣という精神や気持ちは得ているものです。

友人と言うか「理解者」なのかもしれません。

どちらにしても、そのような出会いがたくさん増えたということは、同時に「別れ」も増えるということですね。
続きはココから!

2016年09月26日

記憶を再び呼び戻す

私は「お節介」「お喋り」なので、現場訪問をすると必ず「1つ・2つ」「ネタ」を話してしまいます。

人によっては「宿題や課題」と言って「達成目標」などを伝えることもありますし、ちょっとした「事例」や効果の高いアピール方法、創意工夫の「小ネタ」など相手が求めているであろうことが中心ですね。

それらを「実行」するかどうかは相手次第なのですが、私の話に関心を持ち、目を輝かせて聞き感動してくれる人でも、実際に「実行する人」「しない人」がいます。

正直なところ、現場まで時間と労力をかけて行き、一生懸命に話をさせてもらったので「残念」という気持ちになりますね。

ところが、最近になって「実行する人」「しない人」の理由に気付いてきました。
続きはココから!

2016年09月21日

職員死傷防止標語

輸送密度が少なく、線路の維持が困難となっている「JR北海道」ですが、さらに台風の被害から厳しい状況になっているようです。

JR留萌線の留萌〜増毛間も廃線になるそうですが、先日、JR留萌線の「恵比島駅」に行ってきました。

ここは「明日萌(あしもい)」という駅名でドラマロケも行われたそうで、セットの駅舎が保存され公開されています。
(ちなみに私はそのドラマを見ていない・・笑)

その駅舎に「職員死傷防止標語」が貼られています。

さすがには現在では使えない「表現」もありますが、おもしろいので貼っておきます。
続きはココから!

2016年09月20日

不倫疑惑ww

私が主宰する勉強会のネタの中に「感情面での共感と関係性」と題して「円満な夫婦関係」構築を例としたリーダーシップとマネジメントについて論じるネタがあります。
(ウチの夫婦関係は想像にお任せいたしますが・・・笑)

どちらにしても、仕事と家庭は人生の両輪と言われますから、既婚者に限らず「良い仕事」をするためには「家庭環境」は大事ですよね。

話は変わりますが、私は建設会社や建設現場からの「相談・報告・連絡」に対して、さらに効果を上げる方法などを提案させていただいております。

それも「24時間365日」時間の許す限り「臨機」に対応しているつもりです。

ある現場担当者さんは、新規に工事を行うことになり「現場の課題」などについて、積極的にメールで「相談・報告・連絡」をしてくれています。

私も即座に「返答」しているわけですが・・・。
続きはココから!

2016年09月16日

承認欲求を満たす

ドライブ中に片側交互通行規制で施工している道路工事現場を通りかかりました。

私の前のクルマが誘導員さんに止められたのですが、男性の運転手さんが何か誘導員さんに大声で文句を言いだしました。

私が見ていた感じでは誘導員さんに非が無いと思うのですが、その運転手さんは気に入らないことがあるのでしょうね。

クルマを見ると高齢運転者標識(通称もみじマーク)が貼っているので70歳以上のようです。

エキサイトした運転手さんがドアを開けて降りたころ、別の誘導員さんが来て、運転手さんをなだめながら説明し始めました。

どのような話をしたか分かりませんが、運転手さんも納得したようで見ていた私も安心したのですが・・・。
続きはココから!

2016年09月14日

言い方

私は個人事業のため、365日24時間労働をしています。

つまり、365日24時間「休み」とも言えるわけですが(笑)、仕事のオンオフの切り替えが難しいこともありますね。

さて、嫁さんとのデート中に仕事先からお電話をいただきました。

何でも、事前に私が注意したこと全てが竣工検査でチェックされたとのことで「さすがです!」という内容です(笑)

しかし、私に指摘されていながらも対応できていなかったこともあったそうで、そこを悔やんで「反省したい」という内容でもありました。

そこで「今後に向けて」何を行うかを諭すように話していたのですが、傍で聞いていた嫁さんから「学校の先生のような話し方をしている」ツッコミをうけてしまいました(汗)

実は「思惑」があったのですよ。
続きはココから!

2016年09月13日

創造力を養う

私が仕事をしている中で、新しいことに「チャレンジする勇気」を持っていない人が一番困ります。

それどころか「現状の問題点」に気づかない、気づいていても「見てみないふり」をしている。

その事実を認めず、理屈言い訳だらけで、抜け出す気が無い。

でも、現状には「グチ」ばかり言う・・。

それらの人は共通することもあって、仕事に対して「夢や希望」を持っていないことが多いですね。

このような人が、意外と多く、これでは私が勧める「楽しい仕事」ができないのです。
続きはココから!

2016年09月12日

前に進む

台風10号や低気圧の影響による豪雨で北海道や岩手は大きな被害を受けました。

中でも、道路の監視中に土砂崩落に巻き込まれ亡くなった方や河川巡回で橋の崩落に巻き込まれたなど、同業である「仲間達」の悲報に痛惜の念を感じます。
(河川巡回の方は面識こそ無いものの、友人が務める会社の社員さんで・・)

私も台風の直後は忙しいだろうと遠慮していたのですが、先日、被害の大きかった地区の友人などに「状況確認のメール」をさせていただきました。

河川や道路などの維持作業を行っていた人たちは昼夜対応に追われ、大変な思いをしていたとのことです。

また、工事では「工程遅延」などの影響も出ているほか、現場に行く道路が寸断し「工事中止」となった現場もあります。

足場流失など現場の被害状況が大きく、まだまだ「先行き」が見えない現場もあります。

どちらにしても「前に進む」しかありません。
続きはココから!

2016年09月08日

まだまだやることは多い

私の本来の仕事でもある竣工検査前の「工事書類のチェック」を行いに某社を訪問。

時間は予定の「倍」使いましたが、途中から「余計な話」が多くなってきました(おいっ!)

工事書類を見に行ったのに、なぜか日報などの「社内書類」「原価管理」などの話になっていったのです。

あ、もちろん私が勝手にしたわけではなく、現場担当者の要望を聞いているうちに、どんどん話がズレていったしだいです・・(汗)

でも、安心して(余裕を持って)書類を作ることができる「環境」が無ければ「良い工事書類」が作れません。

現場単体でなく、会社全体として「見直すこと」があるわけですが、簡単にはいきませんので、じっくりと時間をかけて「良い方向」に進んでくれると良いと感じました。
続きはココから!

スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント