道路工事中につきご協力を

北海道 札幌 土木 建設 道路工事 工事中 無料 イラスト ダウンロード 安全 創意工夫 総合評価 イメージアップ 自己研さん 

先日、久々にクライアントさん以外での「セミナー講師」を務めました。

セミナー主催者が行ったアンケートで「私の話が聞きたい」という意見が多くあったと聞き、お引き受けしましたが、オンラインでの講習なので「手ごたえ」は感じられなかったかな。

また、いろいろな人から「時間が合わずに出席できない」などのメールをいただきました(汗)

私から告知はしていなかったため、どこで知ったか尋ねると各地域の建協さんから案内が行っていたようです。

お会いしたことがある方には「普段からお話ししていること」ですし、初めての方はオンラインというモニター画面越しでは私の熱意の半分も伝わらなかったでしょう。

近くに寄った際など、直にお話しすることもできますから、気になった方は遠慮なくアプローチしてほしいです。
(報酬はいただきませんので、タイミング次第となります・・笑)

既に受講された何名かの方から感想のメールをいただきましたが、私が名前を聞いたことがある会社の人ばかりでした。

遠い関係では、過去に私のセミナーを聞いている人がいる会社(名簿で見たことある社名)、近い関係では「専務さんと飲んだことある」という会社もありました(笑)

驚かれていましたが、意外と世間は狭いのかもしれませんね。
(アンテナ張っている会社が少ないのかもしれないけれど・・)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

10年前に新卒で入社したS君は「ひ弱な感じ」で大人しく、正直なところ「大丈夫かなぁ・・」と心配していました。

でも、分析力や調整力が高く、将来は幹部として会社を担う人材となると応援していました。

しかし、何度かS君のいる現場を訪れたこともあるのですが、割と大変な現場が多く「辞めちゃうかもしれないなぁ・・」と思ったものです。
(実際、何度か退職を考えていたようです)

それでも、経験を重ねていくことで会社も期待する人材に成長していき、特に3年前に行った札幌での勉強会に参加してからは成長が著しくなったそうです。

先日、後輩2名を引き連れて私に挨拶しに来てくれたS君は、とても凛々しく「仕事ができる良い顔」になっていました。

短期間で顔が変わったわけではなく、仕事に対する自信や立場が顔に現れてきた感じです。

S君の成長は、当然、同僚や後輩にも良い刺激や影響となるわけで、次の10年後という未来を創造すると「スゴイ組織」になりそうです(笑)

そのためにも今のモチベーションを保ってほしいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

架空線などの事故防止対策も工事を行う上で重要ですが、「電線バスター」の異名を持つT君は過去2回架空線事故を起こしています。

伝説級の失敗することもあるのですが、マジメで何事にも一生懸命に取り組むため、私も期待している人材です。

春に会社訪問した際、T君が担当する新たな現場を見たのですが、一番の懸念点が「電線」でした

位置関係など物理的に電線に接触する可能性が高く、かなりの配慮を要する現場だったのです。

これは3回目があるかもしれないと冷やかしていたのですが・・・。

一番懸念していた作業は無事に事故無く終わったようで、先日、現場を再訪してきました。

架空線との接触をどのように回避したか、説明してもらいましたが、不名誉なニックネームを返上するに値する内容だと感じました。

また、誠意ある対応も近隣や発注者に伝わっているようで、スムーズに仕事が進んでいます。

まだまだ「これからが正念場」ですが、このまま無事に仕事が完了できると「表彰マスター」という新しい称号をもらえるかもしれませんよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

東日本大震災以降、ライフワークとして被災した三陸沿岸を毎年訪れていたのですが、コロナの影響で2年ほど行けずじまいでした。

今回は陸前高田と釜石だけでしたが、久々に訪問し、うのすまいトモス東日本大震災津波伝承館などを見学してきました。

防潮堤や道路などの復興工事も完了していますが、街並みが寂しいのは2年前と変わっていない感じがします。

また、いくつかの遺構を残すものの「当時」を感じられるものは少なくなってきたと思います。

避難経路今回は、震災直後に多くの人が避難した階段に上ってみました。

ニュースなどの映像で見る感覚と「自分の目で実際に見た感覚」とは感じるものが違います。

さらに視覚だけではなく被災者の「話を聞く」と心に感じることが増えます。

今回、避難経路や水門などの防災施設を歩き見るという「体感」をすることで、また感じることが増えました。

年月が経つことで、少しずつ風化していくわけですが、私は次の被害を減らすためにも多くの人に三陸に来てもらい「体感」してもらいたいと思っています。
(もちろん、たくさんお金を落としてくださいね)

ご案内してくれた方のブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

以前、私を励まそうと弟子達がコッソリと札幌に集まりサプライズを行ってくれた話を書いたことがあります。

その日、参加できなかった東北の弟子たちが、岩手のクライアントさんを訪問する私を驚かそうとコッソリ集まっていたようです。

しかし、宿泊するホテルが私と一緒でして、ロビーでバッタリと出会ってしまったため「サプライズは失敗」したようです(笑)

それでも、私を喜ばせようとしてくれる気持ちは嬉しいですし、ありがたいです。

昨日よりも面白くポーズ普段は尊敬を集めている社長さんを徹底的にイジるなど、気づけば8時間も爆笑連続という、盛り上がった集まりになりました。

お互いに学びもあったようですし、このような集まりをもっと広くしていきたいです。

今までは学ぶ姿勢のある個人「弟子」クライアントさん「チーム」などと称していましたが、今後は「一門」として一緒に向上できるようにしたいです。

そして、当ブログやメルマガ、過去に行ったセミナーなどから、何かしら私の意見と同調し、仕事に反映するキッカケを得たという人がいたならば、自由に「一門」を名乗ってください。

同じ目的を持つ全国各地の人たちと楽しみながら情報交換し、技術向上できるのは良いと思いますよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

読者さんからお見舞いの言葉をいただいたのですが、コチラの記事を勘違いされたようです

私は、今のところはコロナに感染しておりませんが(無症状で気がつかなかった可能性もある)、友人など身近な人の感染も増えてきました。

そのため、今までは「感染しない」ための対策を行っていましたが、最近はそれに加えて「感染する」ことを想定した対策も行うようになりました。

例えば、近々1時間半ほど話をすることがあるのですが、最近の傾向として「喉の痛み」が強いと聞きます。

もし感染したら喉の痛みで話ができなくなる可能性もあり、万一に備えて、事前に「1時間半分の音声」を録音して保存しました。
(連続して話をしたので、かえって喉が痛くなりました・・笑)

また、各都道府県によって対応が変わるため、出張先で症状が出た場合を想定したシミュレーションもしていて、連絡先なども抑えています。

これだけ蔓延しているわけですから、気負わず、ポジティブに生活していきたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

入社2年目ですが、私とフランクに話ができる度胸を持つ「O君」はガタイもデカいスポーツマンです。

全国を目指してスポーツに取り組んでいたため、向上心と努力と根性は秀でていて「有言実行」というタイプです。

今は現場のサブという立場ですが、現場所長に「表彰取りましょう!」とハッパをかけるほどです

先日も私を交えた懇親会で、会社の部長さんが「どのような技術者を目指すか」という質問をO君にしました。

その返答が「圧倒的に勝利できる技術者になりたい」ということで、私もアングリしてしまいました

別に「脳みそも筋肉」な発言ではなく、地区で一番の技術者から県で一番、地方整備局管内で一番とステップアップしていきたいようです。

それを聞いた部長さんも「よし!地整で一番の会社を目指そう!」と盛り上がってしましました。

周りの人に対するモチベーションUP術もチームスポーツをやっていた賜物ですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

毎年「勤労感謝の日」の前日のブログは同じネタでして「勤労できることに感謝」という内容になっています。(ワンパターンなヤツ・・)

勤労感謝それでも今年は、社会で支え合っていることに「お互いに感謝」したいと思い、ブログのタイトルバックを「様々な職業の人」にしてみました。
(顔は全部私ですが・・笑)

私個人の話ですが、感謝の言葉良いタイミングで言えないことが多いです。

例えば、親しい人には「ありがとう」は言えたとしても「これが嬉しかった」と具体的に示すことが照れくさかったりします。

さらに親しさに関係なく、コロナウイルスが流行してからは「言葉」で伝えるのではなく「会釈」で伝えることが増えました。
(特に飲食店での接客に対しては会釈で返すしかしないですね)

でも、コロナウイルスのリスクの中でも働いてくれている多くの人たちに「感謝」したいですよね。

それと、私のために働いてくれている妻にも感謝です。

照れくさいので言葉にはしませんが「良い夫婦の日」でもありますからね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

各地に出張することが多い私は訪問先に迷惑をかけないよう、コロナ対策に十分注意しているつもりです。

実は先週の「出張」は、家を出る直前「中止」しました。

熱は平熱なのですが、喉に軽い違和感があったため「かなり大事をとった」カタチです。

飛行機のキャンセルや各方面に「中止」の連絡をしているうちに喉の痛みが消えてきたのですが・・(おいっ)

結局、その後の体調変化も無く、神経質すぎたかもしれませんね。

でも、ほんの少しでも懸念があるならば、勇気をもって止めることも必要と常に考えています。

それも「仕事への信用」の一つの要素にもなるかと考えています。

新型コロナ第8波と言われる感染再拡大が見え始め、特に、私が住む北海道・札幌は新規感染者数が過去最多となり、全国に先駆けて拡大しています。

旅行支援やイベント開催など、行動制限が緩和されていますが、自由に何をしても良いということではなく、それだけ「個人における責任」が大きくなったということと考えています。
(今回、訪問中止となった会社は来月訪問いたします)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

本日は「土木の日」です。

各地でいろいろなイベントが企画されていると思いますし、お手伝いしている建設会社も多いかと思います。

社会資本を支えている「土木」を多くの人たちに理解してもらうのは良いことですよね。

例えば、観光として土木景観を見学するインフラツーリズムも増えてきていて、私が所属するNPOでもいくつか企画したことがありました。

どの地域にも「歴史」はあるわけですが、そこに大きく「土木」が関わっていることを掘り下げていくと「おもしろい」ですよね。

また、ダムカードマンホールカードなど「マニア心」をくすぐるのも良いですよね。

ちなみに私の妻は「デザインマンホール」「街路灯のデザイン」に目が行くらしいです。

ぽけふた偶然「ポケモンマンホール」を見つけたり(私が踏んでいた)、各地の特色あるマンホールや街路灯を写真に収めています。

小さなことでも「街づくり」に興味を持ってもらい、多くの人が土木に対する認識と理解を深めてもらえると良いですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ