■ひとこと■
現場に役立つ・・・かもしれない(笑)
メールマガジンを建設関係者限定で配信しています。
ブログとはまた一味違う内容ですよ。
配信希望の方はメールにて「ご連絡」を。

2020年04月06日

新入社員研修の課題

お手伝いさせていただいている建設会社さんにも新入社員が多く入社したようです。

既にインターンシップの時にお会いしている方もいますし、まだ直接お会いしていないのですが、私が影でいろいろと動いていた「高度人材」も入社するなど、今後が楽しみな人材ばかりです。

そして、早速あるクライアントさん入社した新入社員さんから「あいさつ」のメッセージをいただきました。

何でも「私にメールする」という課題が「新入社員研修」で出されたそうです(笑)

入社早々の不安のある中で、まだ会ったことも無い「素性の知らない私」にメールするのは戸惑いますよね。

でも、就活で「エントリーシート」を作成するなどしていますから「自己PR」は上手なようです。

ちょっと意地悪して、想定していないだろう「イレギュラーな質問」をしてみました(汗)

なかなか「興味深い返答」(爆)をいただきましたが、意欲があるのはとても良いことです。

これからの活躍を期待していますよ!!


2020年04月03日

コロナの影響

運動不足を解消しようとしたところ、運動開始5分ハムストリングスを痛めてしまいました。(どれだけ運動不足なのだっ!)

今週はコロナウイルスに関係なく、外出を控えて安静にしていました(汗)

コロナウイルスの影響は少しずつ「仕事」にも出始めて、社内セミナーが2件延期になりました。

これからも「延期」が増えるかもしれませんが、中止ではなく「延期」ですから「無観客」よりは良いでしょう(笑)

スケジュールが「空く」のは良いとして、延期明け「スケジュール調整」が大変になるかもしれないなぁ。

他にも、予約していた飛行機が欠航となり、地方便の場合は代替えも無い状態で「かなり遠回り」をして目的地に行くことになってしまうなど、手間が色々増えています。

宿泊予約していたホテルやレンタカーなども「キャンセル」しなければならず、申し訳ない気持ちになりますね。
(飲食店も予約していたのに・・)

しかし、いつまでも「この状況」が続くわけはないと「明るい未来」を予測して、新たなスケジュールやイベント、勉強会なども企画し「段取り」を進めています!

例えば、5月末に「プチ勉強会」を企画していますが、今から「様子を見る」ようでは何もできませんからね。

前向きに行動し、直前の状況を見て「次の判断」をしていきたいと思っています。

闇雲に恐れ、不安になるのではなく、正しく恐れ、正しい対応をしていきたいですね。


2020年04月02日

かわいい部下

突然、昔の部下から電話が来ました。

数十年過ぎたとはいえ、かわいい部下でしたから声を聴けばすぐに誰かわかりました。

彼は諸事情で会社を辞め、親元で土木系の公務員になったのですが、年賀状のやり取りはしていたため「私の動向」を知っていたのでしょう。

「お願いしたいことがあります」との言葉に「遠慮なく何でも相談しなさい」と昔のまま答えました。

「職員を対象にした講習会を行いたいので、講師をしてください」
とのこと。

かわいい部下の頼み
ですから、断る理由はありません。

「以前、関東地方整備局でも職員を対象にした講義をしたことがあるから何とかなるよ」

長くても1時間程度だろうと安請け合いしたところ、時間は3時間「このような内容で話してほしい」とリクエストまで付きました(笑)

発注者向けの「内容」を新作で3時間分作るとなると最低で10日ほどかかり「かなり大変」です。

でも、か・・かわいい部下の頼みですからねぇ・・。

ちなみに講師料ですが・・・と申し訳なさそうな声が・・。

はいはい、予算は無いですよね。いいですよ、もう言い値で!!

かわいい部下の頼みですから・・・って、きっとヤツは私の性格を知り抜いて、上手くハメやがったな。
(交渉術を教えたのは失敗だったわ・・爆)


solisoli at 07:30|Permalink感想とツッコミ(0)clip!

2020年04月01日

クォリティ

昨年、2級土木施工監理技士に合格し、初めて「市の発注工事」を担当することになったH君はヤル気に満ち溢れています。

例えば、発注者から「建設業の魅力を大学生に向けた内容でアピールしてほしい」と頼まれ、私に相談してくれたことがあります。

私はとりあえず「大まかな原案」を作ったのですが、それを夜を徹し「自分の言葉」に変えプレゼンテーションを作成しました。

そして何度も発表の練習したそうで、初めて人前で話したにもかかわらず大成功させました。

ただ発注元である市では工事に対して「評価点」をつける制度が無いため、頑張った成果「数値」では表せません。

それは構造物の品質や工事書類も同様です。

国や県の工事と比較して「評価されない」ことに不満はあるようで、工事書類の作成なども反省や改善することが少なく「こだわり」を出せないそうです。

しかし、目的は「点数」ではありませんからね。

目標は「会社のクォリティ」を高め、社員全員が誇りを持って仕事ができることです。

書類に限らず現場全体に「妥協せず拘った」という意識があることなのです。

H君のヤル気のパワーは、今後が楽しみです。

2020年03月31日

カタルシス

テレビのワイドショーを見ていると批判や結果論を応酬するコメンテーターにウンザリします。

それはテレビに限らず、SNSでも根拠ないウワサ知ったかぶりの批判を繰り返している人々が多いですよね。

さて「ウチの会社の部長は"人を批判"してばかりでウンザリしています」というメールをいただきました。

それは部下にだけではなく、取引先など誰とは限らず「自分と意見が合わない人」に対して人格までも批判するそうです。

もちろん「正しいこと」を主張することもあるのですが、そこに「自分は優れていて、理解でき無い人は遅れている」と加えるため、人としての価値を下げているそうなのです。

このような人は良くいますよね(笑)

私の周囲にも、相手の話を傾聴せずに、間違えた思い込みで相手を批判する人がいますよ。

正義感が強く、負けず嫌いで、相手に勝っていると思いこむことで快感を得るタイプなら良いと思います。

常に負けないように努力しますからね。

しかし、そこに相手を批判して得る優越感が快感になっているならば、やがて相手を気遣う事ができない人になってしまうかもしれません。

道路工事で苦情を受けた中で、自己顕示欲を満たすための苦情を言うお年寄りは孤立している人が多かったです。

私の場合は、批判ばかりする人には、何を言っても無駄なので、弁明しないことにしていましたよ。


2020年03月30日

雲外蒼天

肉丸さんに会わせたい社員がいます!・・と紹介されたI君はジャニーズ系の精悍な顔をした誠実そうな「イイ男」でした。

元々作業員として雇い入れたそうですが、資格も取って技術職員とするそうです。

少し話をさせていただきましたが、コミュニケーション力も良く、自分の目標なども持ち、人を敬う心も持っていて、これだけの人材はなかなかいないでしょう。
(神は二物も三物も与えるのですね)

すると、社長さんが本人を目の前に「彼の生い立ち」の話をしてくれました。

詳細は書きませんが、私が同じ境遇だったなら「道を踏み外していた」でしょう。

苦労を想像すると、よくグレずにここまで育ったな・・と抱きしめたくなりました(おいっ!)

その後、事あるごとにI君のことを可愛がっていたのですが、先日、社長さんからI君が「とても重い病気」になったと連絡をいただきました。

神は乗り越えられる試練しか与えないと言いますが、ちょっと偏りすぎていると文句を言いたくなります。

人よりも多くの試練を与えられたI君は、この病気を乗り越えることで「誰よりも大きな人間」になるという神様の計らいなのでしょう。

また素敵な笑顔を見せてね。


2020年03月27日

想定と対応案

今週もオリンピックの延期など「新コロナウイルス関連」の話題が多かったですね。

外出自粛も含めて、ある程度は想定できたことだと思います。

さて、私がお手伝いしている現場では「新型コロナウイルスの影響」モロに受けてしまいました。
(感染が発生したということではありません)

一応「事前に想定」はしていたようで、私が「今後の戦略を検討したい」とメールを送った20分後「想定と対応案」が送られてきました。

何種類かの「想定パターン」各パターンにおけるメリットとデメリットを取りまとめてあり、私だけではなく関係各所にも通知していました。

それも「メリット」の方がボリュームが多いです(笑)

会社や関係各所が不安にならないよう配慮しているのでしょう。

とは言え、現場担当者さんの本心「不安だらけ」のようで、直後に「電話」で相談を受けました。

無責任な私は「こんな体験はなかなかできないから楽しもう!」新たな付加価値のアイデアを伝えました。
(ホントに無責任だね・・笑)

自分たちのチカラではどうしようもないアクシデントですから「ポジティブ」に捉えていくしかありませんからね。
(当然、成算はあるので)


2020年03月26日

勉強家なのは良いですが・・

ウチの社長は「勉強家」で、全国あちらこちらに出張して情報を集め「得たもの」を社内に取り入れようとします。

しかし、どれも中途半端で継続しません。

しばらくするとまたどこからか見つけてきた新たな「別のこと」を始めようと言い出すのです・・・。

私も含めて従業員の多くが「またか・・」という気分になります。
・・という「お話し」を聞きました。

確かに、経営者さんの立場はいろいろと悩みがあり、成功例を聞くと「真似」したくなるでしょう。

経営者さんに「目指す目標」があり、それを従業員が共有し、一緒に達成しようとする過程で「良い施策」を見つけ、社内に取り入れるのなら「良い」と思います。

しかし、一貫性が無いということは「目指すもの」「共有」もされていないようです。

さらに今まで構築したモノを無視して「仕組み」も作らずに新たなことに取り組むのは「浅はか」と感じます。

あくまでも「一方的」な話なので、社長さんの意図は分かりませんが、従業員さんを信頼しているならば、目的や方針を明確にし、運用に向けての(根拠ある)スケジュールくらいは伝えてほしいと思います。


2020年03月25日

異動のあいさつ

そろそろ「人事異動」のシーズンですね。

人事異動は「適材適所」に配置することで組織のパフォーマンスを高めることができます。
(たまにマイナスとなる人事異動も見かけますが・・笑)

先日、ある建設会社を訪問していた時、発注官庁の所長さんから専務さんに電話で「協議会などの継続と協力のお願い」の連絡がありました。

多分、異動が決まったのでしょうが、コロナウイルスの感染拡大防止のため電話での「あいさつ」となったのでしょうね。

きっと、訪問してのご挨拶であれば、昨今の状況を踏まえると早々に切り上げなければならないでしょう。

しかし、電話となると、私という「お客さん」がいるにもかかわらず(爆)結構長く、楽しそうにお話しされていました。
(普段からのコミュニケーションの良さが伝わりました!)

発注官庁に限らず、民間企業も異動や転勤に際し、出向いての「あいさつ」がしにくい状況かもしれません。

電話でもメールでも良いですが、お世話になった感謝の気持ちを伝え、次の良い出会いに繋げていきたいですね。


2020年03月24日

臨時休業

ある出張先の市内には、ホテルが1軒しか無く、毎回そこに宿泊しています。

来月初旬にも訪問する予定で、ずいぶん前から宿泊予約をしていましたが、昨日、宿泊予定のホテルから「臨時休業のためキャンセルをお願いします」と連絡が・・。

新型コロナウイルスの影響を思わぬところで受けてしまいました(汗)

お客さんの少ない平日のみ「営業を止める」ようで週末は営業しているようです。

人件費を抑えるためなのでしょうが、厳しい経営状況なのかもしれません。

すぐに隣町の温泉ホテルを予約しましたが、ここは通常よりも2割程度宿泊費を下げているそうです。

一度使っていただき、良さを感じてもらい、新型コロナウイルスが終息したあとにも訪れて欲しいとのこと。

そうなると次からは「このホテル」を予約しなければならなくなりますよね。

安くしていただいた分、少しでも貢献しようと価格が高くなる「夕食付きプラン」を選択しましたが、料理の良さを知ってしまうとさらにこのホテルを選択してしまうことになるかもしれません。

とは言え、このホテルも「苦肉の策」でしょうから、喜んでいられませんよね。

なんとか早く収束してほしいものです。


スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント