■ひとこと■
現場に役立つ・・・かもしれない(笑)
メールマガジンを建設関係者限定で配信しています。
ブログとはまた一味違う内容ですよ。
配信希望の方はメールにて「ご連絡」を。

2018年01月23日

現場目標と人間ドック

お手伝いさせていただく工事現場には、マネジメントを明確にするため「現場目標」などを決めてもらうことがあります。

それも具体的、そしてワクワクできるような「目標」にしてほしいとお願いしています。

どうせ「目標」を決めるなら、モチベーションが上がるものにしたいですからね。

しかし、漠然とした「目標」も多く、修正することも多いです。

クライアントさんから「目標づくりが上手ですね」などと褒められることもありますが、現場要素や課題など考えると「そんなに難しくない」と思いますよ。

さて、昨日は「人間ドック」に行っていました。

当然ともいえる「メタボ関連」全てダメ出しされましたが、他は「健康体」でした(笑)

検査項目全てが終わり、帰り支度をしていると「二人でお話ししたいのですが・・」と看護師さんに呼び止められました。
(え、逆ナン!?)
続きはココから!

2018年01月22日

ストレスと友情

おかげさまで、私は「ストレス」というのをあまり感じることなく生活しています。

ポジティブ
といえば聞こえは良いですが「鈍感」なのでしょう。

もちろん「全く無い」わけではなく、一番ストレスを感じるのは「時間に縛られる」ことかな。

何時までにどこに到着しなければならない、などは若干のストレスになりますし、それが交通機関がマヒして予定通りに移動できないとなると「ストレスがMAX」になります。

自分ではどうしようもないことにストレスを感じることが多いですね。

北海道の冬は「交通が脆弱」ですから、ストレスを感じないように1月、2月はなるべく出歩かないようにしています(笑)

この程度のストレスしか無かった私ですが、ここ数日「もやもやとしたストレス」を感じています。
続きはココから!

2018年01月19日

安全くんをコンプリート

安全教育資料の作成に悩まれている現場も多いと思います。

難しい理論を説明したり、ルールだけを押し付けても現場関係者に周知はできません。

分かりやすく解説したり、時にはユーモアなども入れて「マンネリを防ぐ」必要があると思います。

そのような時、私は西尾レントオールさんが建設現場の安全や環境についてマンガで解説している「安全くん」という広報誌をおススメしております。

さて、その「安全くん」25周年で150号となったそうです。

法律や指針、ルールなどは25年の年月で多少変わったと思いますが、安全資料として「これほどためになる資料」は無いかもしれません。

しかし、25年前からストックしているという人も少ないでしょうね。

安全くんということで、1月10日より西尾レントオールさんのウェブサイト「安全くんネット」全バックナンバープレゼント企画が行われています!

総ざらえということで、全国各地の西尾レントオールさんの営業所などからかき集めて「限定50セット」だけ用意されたようです。

もう二度と見ることのできない資料もあると思いますので、興味のある方は「応募」されると良いと思いますよ。

これで安全教育資料作りを悩まなくて済むはずです(笑)

安全くんネット
http://www.anzenkun.nishio-rent.co.jp/



2018年01月18日

設計変更

私の地元の新聞社さんが国交省(北海道開発局)の設計変更について疑問を投げかけています。

設計変更額が内規である1.3倍を上回り、施工業者も当初から増額を見越して入札しているという内容です。

これに対する意見も建設関係側から出ておりますが、建設関係者は理解できても「一般の人」特に建設業界は談合などグレー部分が多いと認識している相手に対して理解できる内容であるかは疑問に感じています。

昨年は台風による災害から、とにかく即座に復旧させ住民の安全とインフラを確保する必要があり、臨機に対応した結果が「設計変更増」が増えた理由と思います。
(新聞社が掲載した10件の工事のうち、復旧工事が6本で他も遊水地など関連工事もある)

しかし、新聞社さんの取材に対して「設計変更での増額を前提に落札している」とか「落札した後に工事費の確保をする」などと答えている建設関係者がいるのですから、反論しても説得力がありませんね。
(この新聞社の取材を喜んで受けている建設会社さんって・・)

どちらにしても、いくら理由を言っても「内規」を決めている以上、それを守っていないことは相手は納得してくれないでしょう。
(反論すればするほど真摯に反省していないと言われるだけ)
続きはココから!

2018年01月17日

治癒力

自分の不注意から腰椎の圧迫骨折をして「半年」が経ちました。

まだ長時間立ったり歩くのはツラいですし、背もたれの無い場所で座るのもツラいかな。

でも自分的には経過も順調で、痛みも「腰痛程度」です。

もう「完治」も近いと思い、一応、経過確認のため病院に行ってきました。

かなり良くなっているようですが、腰ですからまだ完治までは掛かるとのこと・・(汗)

日常生活に問題はありませんが、まだ運動は当然として、無理な姿勢や重たい荷物を持つことは避けたほうが良いとのこと。

また冬道などで転倒してはいけないとのことで、冬期間はあまり出歩かない方が良いみたいです(汗)

年齢とともに治癒力が落ちている気がしますね・・。

来週は「人間ドック」にも行きますが、こちらでは「体調管理」に注意を受けるのだろうなぁ(笑)


2018年01月16日

守り

私が取引させていただいている建設会社さんは「新しい取り組み」が好きな会社が多いです。

そのようなアンテナを張っているから私を見つけてくれたということもあるでしょう。
(ブログで宣伝していても素性は明かしてないですからね・・笑)

そのため、どちらかと言うと「攻めの姿勢」を持つ建設会社さんが私の周りに多いですね。

ある建設会社さんは、矢吹丈よろしく「ノーガード戦法」で攻めまくり、地域をリードする建設会社になってきました。

従業員さんたちもドンドンと新しいアイデアを出していき「ヤル気に満ち溢れる会社」になっています。

ところが最近・・・
続きはココから!

2018年01月15日

パクられる

せっかく苦労してアイデアを絞って作ったモノがカンタンにパクられるのは良い気分じゃないと現場担当者さんからメールが来ました。

何でも、自分達の仕事の取り組みを地域にアピールしようと「看板」を作ったところ、界隈の建設会社さんが注目し、写真などを撮り「自分達の現場でも使いたい、どこの看板屋さんが作ったか」などと聞いていくとのことです。

工事現場のアピール看板は多いですが、設置したというだけで「中身が無い」ものが多いかもしれません。

この会社は私のクライアントさんですし、私のセミナーを何度も聞いてくれていますから「とてもアピール度の高い看板」ができるのは当然です。

それを地域の建設会社さんも注目してくれたわけですから「効果的なアピール」ができた証拠になり、良いことですよね。
続きはココから!

2018年01月12日

気分転換

今週はクライアントさん向けに行う「社内セミナー資料」を作成する予定でした。

ところが、全然「進みません」でした(汗)

おおまかな構想はあるものの、クリエィティブ(創造的)な部分が整理できません。

会社員時代は、上司や部下という「自分以外の存在」や納期・期限などの「外部要因」で、仕事に集中せざるを得ませんでした。

しかし、自分が期限を決めることができる仕事など自分に甘えることができる「お尻に火がつかないとやらない」ことが多くなりますね(汗)

このような時はスッパリと止めて「気分転換」するのですが「わたし流」です。
(温泉や本屋、100均など行くことが多いかな)

お尻に火がついて行う仕事は、アドレナリンが出て「良い仕事」をすることもあるでしょうが、期限ギリギリとなると「やっつけ仕事」にもなりかねません。
(これを繰り返すと感覚がマヒして「やっつけ仕事」と感じられなくなってしまう)

それならば、スパっと切り替えて「脳に酸素」を入れ、いろいろ見聞して「新しい発見」を見つける方が良いと考えています。

気分転換と言いながら、常に仕事のことを考えていることになりますけれどね(笑)


2018年01月10日

インフルエンザ

お正月の挨拶をメールなどでいただいておりますが、とにかく「インフルエンザ」が大蔓延しているようで、新年早々「会社を休んでいる人」が続出しているみたいです。

私はここ数年「インフルエンザには無縁」なのですが、気を緩めてはダメですよね。

インフルエンザの感染原因は「飛沫感染」が主ですから、電車やエレベーターなどで咳やくしゃみをしている人がいると気になります。

不特定多数、いろいろな人がいる一般生活上はあきらめるしかないかもしれませんが、職場での感染は避けたいです。

咳やくしゃみのエチケットは「社内ルール」として啓発することができます。
(特にティッシュなどが入った「ごみ箱対策」は気づいていない人が多い)

また、自分自身も気づかない潜伏期間は仕方がないですが、体調が悪いと思ったら「すぐに病院で受診」するべきです。

仕事が忙しいからなどと言い、無理に仕事をすると「会社に莫大な損失」を与えることになりますからね。

何よりマスクなどで予防することが大事ですが、パナソニックのジアイーノという次亜塩素酸で除菌脱臭をする装置を設置するのも良いと思います。

ちなみに特許取得の特殊製法濃度を安定させることに成功した次亜塩素酸水「ジーミスト」もおススメですよ。
(ジアイーノよりも・・・笑)

って正月早々「宣伝」かいっ!!


2018年01月09日

成人の誓い

今朝、クライアント先の社員さんから「成人の誓い」というメールをいただきました。

社内向けに一斉送信しているようですが、私にまでメールをしてくれるのは嬉しいです。

「社会に直接貢献できる仕事をしていることを誇りに新しいことにチャレンジし、日々成長していきたい」
という内容に、おじさんは感動してしまいしたよ。

そして「その気持ち」を忘れないでほしいです。

自分が住んでいる町を建設会社の一員として物理的「造る」こともできますが、住みやすい町の未来を自分たちで「創る」こともできるわけです。

そのためには「高い希望(目標)」を持って、多くの経験を踏むことが大事です。

良い経験もあるでしょうが、つらいことや苦しい事もあるでしょう。

つらい事や苦しい事から逃避するのは簡単ですが、それでは「希望や目標」は遠のいてしまうかもしれません。

つらい事や苦しい事を「糧」として、次に進んでいくと「希望や目標に近づく」とおじさんの人生経験では思うのです。

自分の住む町を明るい未来のある「町」にできる「土木」と言う仕事を誇りに思い、今後も頑張ってくださいね。
(つらい事や苦しいことが発生したら、お節介な私にいつでも遠慮なく相談してくださいね)


スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント